Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 今日からあなたも聞き上手!今すぐ実践できる「傾聴」とは?

今日からあなたも聞き上手!今すぐ実践できる「傾聴」とは?

779viewvario2015/09/09

今日からあなたも聞き上手!今すぐ実践できる「傾聴」とは?

聞き上手の基本は「傾聴」のテクニック

ストレス社会で毎日を過ごしていると、誰かに愚痴を言ったり、逆に相談を受けたりすることも多いですよね。でもついつい不甲斐ない気持ちになるのが、自分は愚痴を言ってスッキリするのに、他人の相談をうまく聞いてあげられないとき。

私も聞き上手になりたい!そんなあなたのために、カウンセラーも使用する「傾聴」のテクニックをご紹介します。

傾聴の基本は「うなずき・あいづち」「伝え返し」

傾聴には3つの技法が存在しますが、うち1つは専門家の領域であるため、比較的実践しやすい2つの技法をお伝えします。

1. 「うなずき・あいづち」

自然な反応よりは、少しオーバーなうなずき・あいづちが効果的。あいづちはハッキリと声に出し、相手よりもさらにゆっくり、低いトーンで行う事が大切です。合いの手のようにならないよう注意しましょう。

2. 「伝え返し」

簡単にいうとオウム返しのことですが、ただそのまま反芻するのではなく、相手の感情を想像しながら、相手の言った(恐らく乱雑な)言葉を短く整理して伝え直す技法です。これにより話している相手は、「あぁこの人はちゃんと話を聴いてくれている」と思うと同時に、自分の思考を整理しやすくなります。

この伝え返しで重要な点は、最後に相手に確認をすることです。

あなたはこういう風に感じたんだね?と確認することで、相手はいわば自分の「鏡」と向き合うようになり、さらに自分の「本当の気持ち」を探求するようになるのです。

基本的にはこの2つの技法を織り交ぜて使うことで、「傾聴」の半分は達成されます。

やりがちなNGケースと傾聴の違い

さて、たとえばあなたの友人がこんな相談をしてきたとします。

友人「もういい。彼氏に分かってほしくて、頑張ったけど、もう無理・・・。限界・・・。」

あなたはどんな対応をするでしょうか?

【やりがちなNGケース】

「そんなことないよ。ちゃんと自分の気持ちを伝えれば、きっと分かってくれるよ」

「その彼氏、本当に最低だね!さっさと別れて、次の恋を見つけたほうが良いよ!」

これでは、ただあなたの意見・感情を口にしているだけです。友人の心の奥に潜む本当の悩みが解決されたとはいえません。友人は決して、あなたに何かを「言ってほしい」わけではないのです。

【傾聴を用いたケース】

「そっか・・・。もういいか・・・。彼氏に自分のことを分かってほしくて、色々試してみたけど・・・やっぱり分かってもらえない。もうあきらめた・・・。もういい・・・。今は、そんな感じかな・・・?」

いかがでしょう?こればかりは実際に体験してみなければ分からないと思いますが、傾聴を用いることで、あなたの友人は自分の気持ちにもう一歩近づくことが出来るようになるはずです。

余計なことは言うな!解決しようとするな!

「傾聴」を行う上で大切な基本姿勢は、

1. 「余計なことは言わない」

2. 「解決しようとしない」

の2点です。

カウンセリングの世界では「自己治癒力」「自己成長力」といった表現を用いることがありますが、簡単にいうと、悩みを解決するのはあなたではなく相談者自身である、ということです。

「傾聴」は話を「深く聴く」ことで、相手が「自分の心と向き合う」ことを促す技法です。相手は自分の心と向き合う過程で、少しずつ絡んだ糸を解いていき、やがて「スッキリ」した気持ちになっていくのです。

「本物の傾聴」を行うためには、専門的な訓練を積む必要がありますが、基本姿勢さえ守れば、あなたにも簡易的な傾聴を実践することはできます。繰り返しになりますが、大切なことは「余計なことは言わず」「解決しようとせず」、とにかく親身に話を聴き、共感の姿勢を持つことです。

今度友人に相談を持ちかけられた際には、ちょっとだけ傾聴を試してみませんか?

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事