Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 恋人がいるのに、他の人を好きになってしまって…二重恋愛の驚きの解決策とは?

恋人がいるのに、他の人を好きになってしまって…二重恋愛の驚きの解決策とは?

20595viewvario_secret2016/02/29

恋人がいるのに、他の人を好きになってしまって…二重恋愛の驚きの解決策とは?

◇疎遠になった恋人と、新たに好きになってしまった人◇

生活環境の変化は、恋愛にも大きな影響を及ぼします。恋人との関係が悪化したり、新たに出会った人に恋をしてしまうことも。もう別の人を好きになってしまったのに、何も悪いことをしていない彼氏に別れを切り出せない。そんな板挟みに苦しんでいる人もいるかもしれません。今回ご紹介するSさんもその1人です。

Sさんは当時24歳。ひいき目なく美人に属する女性で、私立の難関大学を卒業し、大企業ではありませんが、全国に支社を持つ会社への就職が決まったところでした。
Sさんには大学時代から付き合っている同い年の恋人がいました。彼も無事に就職を果たし、互いに忙しい新入社員生活を送るようになったのです。

◇研修先でおとずれた運命の出会い◇

彼とは交際を初めてすでに3年が経っていました。恋愛を始めた当初のような気持ちはすっかり落ち着いてしまっていましたが、特に仲が悪いわけでもなく。ただ漠然と、いつかこの人と結婚するのかな、と考えている程度でした。今思えば、私はほとんど彼との将来を想像することがなかったのかもしれませんが、その頃の私はあまり恋愛自体に対する熱を失っていたのだと思います。

でも社会人になってみて、私の環境は一変しました。たぶん多くの人がそう感じるように、大学を卒業したばかりの人にとって、会社の先輩たちの姿はとても輝いて見えるものです。研修で大阪に行ったとき、研修の指導員として立ち会っていたKさんもその1人でした。実際にKさんは仕事ぶりもテキパキしていて人望も厚く、私はその時は無意識でしたが、今振り返ってみるとほとんど一目惚れのような状態でした。そして驚いたことに、大阪の研修の最終日、私はKさんから個人的に連絡先を渡されたのです。正直予想もしていなかったので、半分はビックリ、残りの半分は嬉しくてたまりませんでした。

◇板挟みに苦しむ日々◇

それからほとんど毎日Kさんとメールのやりとりをするようになり、ある日Kさんから想いを告げられました。しかし、私には恋人がいて、Kさんもそのことを知っています。
その頃はすでに、私も彼氏も互いに新入社員として忙しく働いていたこともあり、すっかり疎遠になってしまっていました。他の人から見れば「自然消滅」のような状態だったかもしれませんが、それでも別れていたわけではありません。

Kさんはそのような私の気持ちや立場を尊重してくれて、無理やり別れるようまくしたてることもなく、ただ待ち続けてくれていたのです。私はそんなKさんの優しさや、真摯な愛情にすっかり想いを寄せていて、それでも彼氏に別れを切り出す勇気が持てず、日々悩みは膨らむばかりでした。

◇「明日、恋人の家に行ってみなさい」。その言葉が運命を変える。◇

仕事のハードスケジュールとも重なり私は疲れ切ってしまい、私は思い切って友人に相談しました。すると、あるメール占いサイトを紹介してもらったのです。あまり占いは信じていた方ではありませんでしたが、藁にもすがる思いで鑑定師の先生に相談することにしました。

私はこれまでの経緯や私の思いのたけを、時間を掛けてメールに打ちこみました。するとまもなく、鑑定師の先生は長々と支離滅裂に綴った私の言葉のひとつひとつに優しく応えてくれて、そしてたった一言だけ、「明日、恋人の家に行ってみなさい」とだけアドバイスをくれました。

私は先生に言われた通り、翌日彼氏の家に向かいました。するとまるでドラマのような展開ですが、突然押しかけた彼の部屋には、明らかに私のものでない女性の私物がたくさん置いてありました。
彼もすぐに観念したようで、浮気を認めました。私自身、ほとんど浮気をしていたようなものだったので、互いにすっきりと別れることができたのです。

その日の夜、私はKさんにそのことを報告し、そして改めて彼から交際を申し込まれました。返事はもちろん、「YES」です。

◇交際を経て2年後のハッピーエンド◇

Sさんは昨年末、2年の交際期間を経てKさんからプロポーズを受け、結婚することになりました。
恋愛をしていると、上手く行っている時でもそうでないときでも、たびたび勇気を試される機会があります。どうすればいいのか、本当は自分でもわかっているのに最後の一歩が踏み出せない。Sさんも恐らくそうだったのでしょう。そしてもし鑑定師の先生により背中を押されたのであれば、それだけでも十分な結果を得られたのだと思います。占いというとオカルトチックなイメージを抱きがちですが、実際に体験した人の話を伺うと、どちらかといえば「コンサルティング」に近い印象を受けます。
本当に悩んでいる時は、誰かの言葉が、とりわけ第3者の言葉が深く強く、「支え」や「後押し」として生きるものです。

恋愛のことで「本気で」お困りの方は、恋愛相談のプロである鑑定師の先生に相談してみるのも良いと思います♪

無料鑑定はこちらから↓↓↓

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事