Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 思わずやってしまう「至れり尽くせり」。家は「ちょっと居心地が悪い」くらいがちょうどいいのかもしれない、というお話

思わずやってしまう「至れり尽くせり」。家は「ちょっと居心地が悪い」くらいがちょうどいいのかもしれない、というお話

42viewhaco2017/07/12

思わずやってしまう「至れり尽くせり」。家は「ちょっと居心地が悪い」くらいがちょうどいいのかもしれない、というお話

皆さん、子供が風邪をひいた時どうやって過ごしていますか?

風邪といっても具合悪いMAX時ではなく、「治りかけ」「感染症などで登校してはいけないけど、もうほとんど良くなっている」という半端な時期です。

「寝かせておくには元気すぎる」という時、ただ家にいるのは退屈。

我が家では、さすがにゲームはさせていませんが、漫画やDVDなどは見せていたんですよね。

しかしその子供たちの様子を見たお父さんが一言物申したのです。

「快適すぎる!!!」と。

 

平日に学校休んでるんだから、テレビも漫画も禁止!とにかく寝かせとけ!と叱られてしまいました。

だって退屈じゃない?と言うと

「退屈でいいんだよ!」

と言われてしまいました。

 

寝てろといっても、本当に眠れといってるわけじゃない。

元気なのに寝てなければいけないとなったら当然退屈だろう。

だから「早く学校に行きたい」と思うんじゃないか!

 

そう言われて、ちょっと目が覚めたような気持ちになったというか。

赤ちゃんの頃って、1人遊びができないからとにかく私が構ってあげないといけなかったし

家事をするためにちょっと教育テレビやDVDをつけて気を紛らわせたりしなければいけませんでした。

だから「退屈させてはいけない」という強迫観念が残っていたというか、それが当たり前になってしまっていたというか。

でももううちの子は小学生です。退屈だろうがなんだろうが、自分で何とかできるじゃないか!

 

というわけで、「風邪の時はとにかく寝る」が新ルールとなった我が家。

今までは「まだちょっと調子悪いかもしれない」とかいつまでも言ってた子供たちが

「もう元気です。早く学校行かせてください」

と言うようになりましたwwwwww

 

思えば私も、「不便な僻地に建っていた寒くて古い家」とか「口うるさいお父さん」とか、「ちょっと不都合」な実家にいた時は

「早く働いて、1人暮らししてみたいな」

と考えていたものです。

親は思わず「こうした方が快適だろう」と環境を整えてしまいがちですが、家はちょっとくらい居心地が悪いほうが子供の自立にとっては良いのかも。むしろ今の時代は、意図的に居心地の悪さをつくることも必要な場合があるのかもしれません。

あなたも、ついつい「至れり尽くせり」にしてしまっていませんか?

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事