Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 辛い宿題は自由研究だけじゃない!親子で苦しい「一行日記」、アレなんとかならんのか!というお話。

辛い宿題は自由研究だけじゃない!親子で苦しい「一行日記」、アレなんとかならんのか!というお話。

34viewhaco2017/12/27

辛い宿題は自由研究だけじゃない!親子で苦しい「一行日記」、アレなんとかならんのか!というお話。

子にも親にも過酷な宿題「一行日記」

学校にまつわる色々に、意味を求めても仕方ないことは分かっています。

しかし、一言どうしても言いたいことがあります。

「冬休みの宿題、『一行日記』って意味あんの!??」

と。

 

小学校の宿題の定番、一行日記。

予定がある日もなかった日も、絶対に何かは書かなければならないもの。

あれ、なんで書かなきゃならないのか子供の頃から疑問だったんですよ…

大人だって、今日は特にな~んにもなかったなって日もあるというのに

付き合いたてのカップルじゃあるまいし、毎日がスペシャル(竹内まりや)なわけ無いじゃありませんか。すごく思い出に残った一日を、1枚絵日記に残せば素敵な宿題になるんじゃないですかね…

 

と、なぜここまで私が一行日記にこだわるかというと、あれほど親の資質を試される宿題は無いと断言できるからです。

ぐうたらな日々の記録が、担任の先生に一目瞭然になってしまうんですよ!

これまた私の子供のクラスの先生が「書くことなかったら今日食べたものを書いても良いですよ~」なんて言うもんですから

夏は「そうめん食べた」「カレー食べた」「そうめん食べた」

冬は「もち食べた」「もち食べた」「もち食べた」

と、食生活まで露わに(涙)

これじゃイカンと頑張ってどこかしこに遊びに連れて行っても、すっかり記憶から抜け落ちて「今日は寝てました」とか書かれる始末。

 

親になったから分かること。一行日記、あれは親の課題です!

アレ、ほんとに必要あるんか!その意味を改めて問いただしたい!!バンバン!!(と泣きながら机を叩く)

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事