Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 我が子にすら感じる世代間ギャップ!トラブルを回避するには、まず自覚から

我が子にすら感じる世代間ギャップ!トラブルを回避するには、まず自覚から

214viewhaco2018/04/11

我が子にすら感じる世代間ギャップ!トラブルを回避するには、まず自覚から

そんなに昔じゃないですから

4月は新生活の季節ですね!

職場には初々しい新人さんが入り、新しい風を感じている方も多いのではないでしょうか。

私の夫にもこの春20代の部下ができ、早く打ち解けるために毎日ドキドキしているようです(笑)

平成ももう30年ですもんね。数年前は職場や子供の先生などで平成生まれの方にお会いすると

「平成になってからもうそんなに月日が経ったのか~」

といちいち感動したものですが、そんなことももう当たり前になりました。

さらに言うなら来年年号が変わる予定ですので、定年間際あたりに次世代の方と一緒に仕事をする日が来るかも知れない。

昭和生まれなんてその方たちにしたら2世代前…。自分が子供の頃には明治生まれのおじいちゃんおばあちゃんがいましたが、今度は自分がその立場になるのか…!と思うとえらいことです。

 

ところで先日、子供から「宿題を手伝って欲しい」と言われました。

それは、「お父さんお母さんの子供の頃の話を聞こう」という社会の宿題で…

快く引き受けたのですが、子供がしてくる質問に若干面食らってしまいました。

「お母さんの子供の頃、電気ってあったの?」

「電話はあった?」

「洗濯機ってもうあったの?」

 

お前、それは私のおばあちゃんやひいばあちゃんの時代の話じゃ…

私の子供時代をどんだけ昔の話だと思ってるんだ!

 

…しかしこのくらいの子供にとって大人って本当に「大人」で、大人にも子供時代があったことなんて想像もできなかったよなあ、と思い直しました。

小さな子供から見たら、数十年の開きというのは本当に異次元なのでしょう。

 

職場などで、様々な世代の人と関わるときは戸惑いも多いかと思いますが…

もしかしたら相手の目にうつる自分というのは、そのくらい相手とは「似て非なるもの」なのかもしれない。

まずはその自覚をもち、少しずつギャップを埋めていけたらきっと摩擦も減っていくのではないでしょうか。

焦らずゆっくり分かり合っていけるといいですね。

 

 

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事