Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > その話、本当に大丈夫?ネットに溢れる怪しい情報から子供を守るには

その話、本当に大丈夫?ネットに溢れる怪しい情報から子供を守るには

157viewhaco2018/04/18

その話、本当に大丈夫?ネットに溢れる怪しい情報から子供を守るには

その情報、本当に正しいの?

Twitterを何となく眺めていると、(まあTwitterというのは元々そういうツールなのですが)「他人の愚痴、何かの主張、こうすべきという指針」が本当に湯水のように流れてくるなあ、ということです。

ネットにある誤情報、あなたはどれだけ見抜く自信がありますか?

詐欺メールや詐欺サイトなど「あからさま」なものはすぐに分かるかも知れませんが、発信している側も誤りに無自覚な場合、いくら気をつけていてもうっかり信じてしまうことが誰しもあるのではないでしょうか。

 

今からもう何年も昔、私が大学生だった頃、こんなことがありました。

当時は近年類を見ない就職氷河期。終わりのない就職活動に、自分も周りも疲弊しきっていました。

そんなとき、友達がこんな話をしてくれたんです。

「なんでも最近、『派遣』というワークスタイルがあるらしい」

「一定の雇用期間はアルバイトとして働いて、その会社と相性が合えば本採用。もし合わなければ、また別の企業で働くっていう」

「一種のお試し?マッチングみたいな?色々な場所を試せるし、良いかもしれない」

 

と。

当時はまだ『派遣社員』というものが一般化する前だったんですよね。

あの頃の自分達は、歳だけは大人になっていましたがまだ社会に出たこともない世間知らずの子供で、

「今はそんな雇用体制もあるんだ~。めっちゃ便利じゃないか」

なんて普通に信じてしまっていました。

派遣切りなどといった社会問題になるのは数年後のことですので、世間でもそれほど問題視されていなかったんですよね。

 

そう。情報というのは、正誤があとになってからじゃないと分からないこともある。

 

こういった時大切なのは、信頼できる大人にしっかりと相談することだと思うのです。

「友達の話」「先輩の話」は要注意ですね。いわゆる詐欺メールと違い、「知っている人から聞かされる」とどんな曖昧な話でもうっかり信じてしまいやすい。

さらに、ネットにあふれるたくさんのツイートを鵜呑みにするのは、もっともっと危険です。

 

最近、「その会社ブラックでしょ」「人生一度きり!やめてしまえ!」みたいなツイートがめっちゃ伸びてますけど、本当に大丈夫?辞めるのは個人の自由だけど自己責任だからね、と私なんかは思ってしまうのです。

 

自分はともかく、問題はこれから色々と選び選択しなければならない子供たちです。

不確かな情報に騙されないためには、日頃から「親の意見」をきちんと聞いてもらえる関係づくりをしておくのが大切なのではないかと思っています。

親世代である私達も億劫がらずに色々な情報を集めていくこと。そのうえで、きちんと助言をし、子供に受け止めてもらえる関係を築いていくこと。

押し付けるのではなく、伝え方も考えること。

これからの時代はそういったことを心がけて、親子ともども自衛していくことが重要なのかも知れませんね。

 

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事