Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 親の「人付き合いの上手さ」は子供の人間関係に影響するか?

親の「人付き合いの上手さ」は子供の人間関係に影響するか?

68viewhaco2018/06/27

親の「人付き合いの上手さ」は子供の人間関係に影響するか?

人付き合いは苦手です。こんな親でごめんね!

子供がまだ小さいとき、私はよく思ったのものです。

「私がもっと人付き合いが上手ければ、この子に寂しい思いをさせることもなかったろうに」

と。

赤ちゃん~幼稚園時代というのは特に、親の交友関係で子供の友達が決まってきます。

幼稚園が終わった後でお互いの家で遊んだり、休みの日にどこかで一緒に遊んだり…

そんな経験を重ねると子供の仲は、園だけのお友達よりも圧倒的に親密になるからです。

 

しかし私はどうも広い交友関係を持つことが苦手でして…

また、子供も2人目以降になると周りのお母さんたちと年齢も離れてくる。

さらに上の子が小学校に通っていたので

「このあとウチに遊びにこない?」

と誘われても、上の子の下校と重なるために断らざるを得なかったり。

自分だけの話なら全く構わないのです。しかし今は、子供が関わってきます。

「昨日、◯◯くんのおうちでみんなで遊んだんだって」

なんて話を子供から聞かされた日には、罪悪感で胸が締め付けられるようでした。

そんな私も幼稚園で数年過ごすうちに運良く気の合うママ友ができました。

そんな、お付き合いがある・ない両方を体験した私が今思うのは…

 

仲の良いお友達は、いるならそりゃあいたほうがいいです。

同い年の友達と過ごす時間は、園の生活ではできない様々な経験と成長をもたらしてくれます。

気の合うお母さん同士のおしゃべりも、ストレス解消とともに自分一人では気づかなかった新たな視点に気づくよい機会となりました。

 

しかし。

そんな出会いに恵まれなかったからといって、すべてがダメなんてことは絶対にありません。

母親だって、昔ギャルでした!って人もいれば今も継続でオタクですという人もいるし、キャラは様々。

合わない人と無理をして付き合ったって絶対うまくいかないし、子供時代に親子で濃い時間を過ごすのだっていいでしょう。

そもそも親の人間関係が色濃く反映されるのは小さいうちだけ。そのうち自分で自分のお友達を見つけてきてくれますよ。

 

なので、仲良しは「できたらラッキー、できなくてもオッケー」くらいの気持ちでいきましょう!

 

何より一番大切なのは、人間関係よりもなによりも「お母さんが笑顔でいること」です。

今人付き合いで悩んでいるお母さん、あまり気に病まないようにしてくださいね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事