Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 持つべきものは女友達?男児母は、女の子の同級生と友達になっとくのがおすすめです

持つべきものは女友達?男児母は、女の子の同級生と友達になっとくのがおすすめです

145viewhaco2018/07/04

持つべきものは女友達?男児母は、女の子の同級生と友達になっとくのがおすすめです

男子と女子の情報量は段違い!

子供を育てていると、小さな頃から男子は男子で女子は女子だと実感する機会が大変多いです。

まあそれも子育ての楽しみとあまり気にせずここまできたのですが、子供も高学年になった今、その「差」が生み出す「結果」の違いにちょっと戸惑うことが増えてきました。

 

それは「家庭」、つまり私達母親に降りてくる情報量が圧倒的に違うということです。

例えば、何かの行事で持ち物が変更になっただとか。友達が転校しただとか。

私が知っているのはその事実だけなのに、女の子のお母さんとお話すると

「学級会で◯◯くんが提案したみたいで、こうしたほうが便利だからソレが変更になったんだって」

とか

「あの子のお母さんがああでこうで、こうしてこうなったからあそこに転校することになったそうだよ」

とか。

もう、もたらされる情報量が段違いなわけです。

いや、下世話な噂話をしたいとかではないんですよ。

その情報を知っているかどうかで「その後の私の行動」が変わってくるというのに息子ときたら何も言わないから…!てことが多々あるんです。

 

うちの息子にはまるっきり期待できない。

というときに頼りになるのは、やはり同級生の女の子たちというわけなのです!

例えば小学生も高学年になると、宿泊研修や修学旅行といったイベントがありますよね。

どんな感じで過ごしていたのか親としてはたくさん話を聞きたいのに、息子に聞いても「楽しかったよ」で終わってしまう。

しかし女の子に聞いてみると、

「この日にあんなことがあってね」「あの子が叱られてたよ」「夜でやったレクがすごく面白かったんだよ!」

などなど、もう聴き応えのある内容ばかりで(泣)

そうなんだ~、ありがとうね…!と感謝しきりなのです。

 

うちの息子、宿泊研修で夜はどんなものを食べたの?と聞いたら

「ゼリー」

で終わりましたからね!

男児のお母さん、悪いことは言わないので小さいうちから気心しれた「女友達」を作っておくべきですよ…ほんとに。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事