Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > 赤ちゃんは真っ黒!光の角度で紫色に輝く美しいモヒカン鳥“ギニアエボシドリ”

赤ちゃんは真っ黒!光の角度で紫色に輝く美しいモヒカン鳥“ギニアエボシドリ”

256viewmayu2018/07/18

赤ちゃんは真っ黒!光の角度で紫色に輝く美しいモヒカン鳥“ギニアエボシドリ”

頭の上に平安貴族がかぶるような帽子“烏帽子”に似た冠羽が生えているのが特徴の『ギニアエボシドリ』。サハラ砂漠以南のアフリカにある、乾燥した森林とサバンナに暮らしています。主に樹上で生活していて、森の中の枝がたくさん生えているところでも器用に飛び回ったり、枝をつたったりして軽々と移動します。昼行性で、果物や植物の芽を探して食べ、夜は木の上で休んでいます。子育てをするための巣も、枝の上に小枝を重ねて作ります。卵が産まれると、夫婦が協力してオスメスで交互に卵を温めます。子育ても両親揃って行う仲良し夫婦です。

ギニアエボシドリは、とてもカラフルな色をしていますが、熱帯の森はカラフルな植物や実が生えているトロピカルな場所なので、あまり目立たない保護色になっています。英名は“緑色のエボシドリ”という意味ですが、頭部以外の背中や翼は暗紫褐色をしていて、光の当たる方向によって、とても美しい紫色に輝きます。卵から孵ったばかりの時は毛が生えていない状態で産まれ、毛が生え揃うのに一ヶ月半かかります。ところが、生後間もないヒナは真っ黒の羽色です。大人になると赤くなる風切羽根の付け根部分から、少しずつ色づいてきて、 トサカがうっすらと緑色に変わっていきます。

出典 PHOTOHITO

出典 ameblo.jp

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事