Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 生活・グッズ > 停電時の光源確保に非常食…警視庁害対策課のTwitterアカウントが役立ちすぎる

停電時の光源確保に非常食…警視庁害対策課のTwitterアカウントが役立ちすぎる

83viewhaco2018/09/11

停電時の光源確保に非常食…警視庁害対策課のTwitterアカウントが役立ちすぎる

平時からチェックしておきたい知識の数々!

豪雨に台風、そして巨大地震など、日本各地で立て続けに災害が起こっている今、これらの被害は対岸の火事ではありません。

日頃から、防災に関する知識は積極的に取り入れておきたいものです。

「警視庁警備部災害対策課」の公式Twitterでは、非常時に関するライフハックが幅広くツイートされており、それがとても分かりやすいのでご紹介します。

こちらは今回起こった北海道の大停電のときにも多く見られた豆知識ですね。

安全かつ便利な方法かと思うのですが、筆者は今回の停電体験で、コレがうまくできなかったのです。

・家庭に350mlのペットが都合よく置いてなかった

・500mlや2lだと安定感が…今回は地震による停電だったため、揺れに弱いのは厳しかった

・うまく加工できればよかったのかもしれないが、非常時そのような余裕はない

というのが理由ですが、火を使わずに明かりを確保できるのは絶対にメリットが大きいかと思います。平時に実際試してみて、自分の家のライトやコップなど「利用するのにちょうどいいもの」を見つけておくといいかもしれません。

今回の停電で筆者もスーパーで非常食を買い出しに行きました。

その時インスタントラーメンも購入したのですが、帰宅してから

「あれ…もし断水になったら、コレは食べられないのでは?」

と思いました。が、水でもいけるそうですよ!

今回の停電は夏でしたが、これが冬だったらと思うと本当にぞっとしますね。

万が一寒い季節に被災したとき、このような知識があると便利かもしれません。

 

いざというときは、スマホの電源確保も死活問題です。

日頃からこのような防災情報を積極的に集めておきましょう!

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事