Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > くしゃみが止まらないのは何時?モーニングアタックを防ぐためにやっておきたいコト

くしゃみが止まらないのは何時?モーニングアタックを防ぐためにやっておきたいコト

2841viewvario_secret2016/04/19

くしゃみが止まらないのは何時?モーニングアタックを防ぐためにやっておきたいコト

花粉症のシーズン、あなたがもっとも辛いのは、どの時間帯ですか? 外出している日中よりも、朝起きてすぐの症状がひどいと感じるなら、それは“モーニングアタック”かもしれません。では、モーニングアタックとはどんなもので、どうして起こるのでしょうか? また、予防するにはどうしたらいいのでしょうか? 気になる花粉症についての情報をお伝えします。

 

◆モーニングアタックって何?

花粉症を自覚している人の中でも、自分がもっとも辛いと感じる時間帯について考えたことがある人は、意外と少ないかもしれません。改めて思い返してみると、花粉が飛んでいる屋外に日中いるよりも、朝起きてすぐのほうが、症状がひどいということはありませんか?

 

“モーニングアタック”とは、朝起きてすぐの時間帯に起こる発作的な花粉症の症状のことです。この原因は、起床時に起こる自律神経のバランスの変化や、起き上がった際に舞い上がる花粉ではないかと言われています。「部屋の中に花粉?」と思われるかもしれませんが、実は室内には思った以上に花粉が溜まっているのです。

 

あるインターネット上の調査によると、花粉症でもっとも症状がつらく感じた時間帯として、「起床時~午前中」を選んだ人が1番多いという結果になりました。花粉症で朝起きてすぐの症状に悩んでいる人は、世の中にこれほど多くいるのです。あなたも起床時のひどい症状にお悩みであれば、これからはモーニングアタックへ向けた対策をしておきましょう。

 

※上記、コンタック総合研究所のアンケートを基にしています。
参照URL:http://contac.jp/soken/release/news_47.html

 

◆モーニングアタックを防ぐには?

モーニングアタックを防ぐには、枕回りの花粉をできる限り除去することが重要です。まず、花粉のシーズンは、なるべく夜のうちにお風呂に入っておきましょう。入浴をすると、全身についた花粉を洗い流すことができます。普段からシャワーを朝に浴びる習慣のある人は、体じゅうについた花粉を寝具の周りに運んでしまっているかもしれません。症状があまりにひどいのであれば、この時期だけでも布団に入る前に入浴する習慣をつけましょう。

 

すでに飛散してしまった枕回りの花粉を除去するためには、市販の布団クリーナー(布団専用の掃除機)を利用する方法があります。花粉対策として、一般的な掃除機で枕や布団を吸うという方法が伝えられることがありますが、肌に直接ふれる枕や布団を掃除機で吸うのには、衛生面で少し抵抗がありますよね。そんな時は、布団専用のクリーナーを使えば安心。すでに寝具についてしまった花粉が気になる方は、ぜひ利用してみてください。

 

また、花粉のシーズンは、布団や枕カバーやパジャマの外干しは控えましょう。洗濯物の外干しは、大量の花粉を家の中に持ち込む原因になります。暖かい春の陽気で気持ち良く洗濯したいところですが、症状が治まるまでは乾燥機を利用するなど、とにかく花粉を室内に入れないように気をつけてください。布団についた菌が気になる方には、UVによる除菌効果のある布団クリーナーをおすすめします。外干しできない時期の寝具は、工夫してキレイを保ちたいですね。

 

◆すっきり気持ちのよい朝を迎えるために

起床時に起こる花粉症の症状が気になる、という方は今回の記事をぜひ参考にしてみてください。辛いモーニングアタックなどの症状を軽減するためにも、布団クリーナーなど毎日ラクにケアできるふとんクリーナーを取り入れることで対策できるかもしれません。気持ちのよい目覚めのために、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

20160217raycop01

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事