Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > きれい・ライフ > やっぱりみんなつかっている?手軽にできる布団ケアツールベスト3!

やっぱりみんなつかっている?手軽にできる布団ケアツールベスト3!

2018viewvario_secret2016/01/20

やっぱりみんなつかっている?手軽にできる布団ケアツールベスト3!

お布団は毎日使うもの。
だからこそ、常に清潔を保っておきたいものですが、しっかりケアをしようとするとなかなか手間がかかります。
そこで今回は、家事のプロである主婦100名を対象に「アレルゲンを除去するために行っている布団のケアは?」というアンケートを実施。
お布団を清潔に保つために行っていることを教えてもらいました。「毎日手軽にお手入れができれば良いけれど、何かいい方法はないかな?」とお考えの方、必見です。

 

 

つぎの中でアレルゲンを除去するために行っている布団のケアはどれですか?

アレルゲン除去

 

1位:定期的に天日干し・・・37%

2位:掃除機がけ・・・30%

3位:こまめにシーツを洗濯・・・18%

4位:換気で除湿・・・5%

5位:除湿機を使って乾燥・・・5%

6位:定期的に布団の丸洗い・・・5%

 

1位:定期的に天日干し・・・37%

「お日様お光で気持ちいい」
・太陽の光で温めると、夜ねる時に気持ちがいいし、さらっとしていて綺麗になったと思うから。(宮崎県・33・女性)
・天日なら、費用もかからず、乾燥できますし、気持ちいいです。家は、花粉ではないからです。(東京都・42・女性)
・天日干しは短時間で仕上がり、かつ、独特の気持ちよさが得られるから。(岐阜県・49・女性)

 

「やっぱり気になるダニなどのアレルゲン」
・ダ二を予防するのにははふとんを干すとよいと聞いているので、できるかぎり干すようにしている。(茨城県・57・女性)
・天日干しでもアレルゲンの殺菌効果があると思うので、定期的に行っています。(埼玉県・35・女性)
・子供がハウスダストと、ダニアレルギーの血液検査でレベル5です。その為、日頃から埃には気を使っています。布団はできる限り日中外に出して、ハウスダスト用のスプレーをかけて埃を落とすようにしています。(山口県・35・女性)

 

昔ながらの「天日干し」が第一位となりました。費用もかからず手軽にできて、さらにお日様の気持ちよさもあるというのが皆さん選んだポイントのよう。さらに、ダニなどのアレルゲン対策として行っている方も多いようです。

 

2位:掃除機がけ

「天日干しだけではダメだから」
・天日干しは100%の効果でないとの情報から、ダニの死骸や糞を吸い取る掃除機がけに変えて定期的に掃除機をかけてから、主人の鼻炎がよくなってきたから、今後も続けていく。(東京都・57・女性)
・洗ったり干すだけじゃ、ダニなどがとれないと聞いたから(香川県・28・女性)
・天日干しをしても、裏側にダニが逃げるので効果がないという話を聞いたので、それ以来掃除機をかけるようにしている。(長野県・37・女性)

 

「レイコップなどの布団専用掃除機が人気!」
・布団専用クリーナーを使っている。顔周りの寝具だけでもクリーナーでケアすると、効果が期待できるということを何かの記事で読んだことがあるので。(京都府・50・女性)
・子供が鼻炎アレルギーなので布団掃除機をこまめに使っています。(北海道・47・女性)
・仕事をしていると、なかなか布団が干せないので出来るだけ、掃除機を掛けるようにしている。本当は、レイコップが欲しい。(愛知県・50・女性)

 

天日干しだけではダニなどのアレルゲンを完全に除去できない、という情報がかなり浸透しているようです。そのため、掃除機を使った定期的な清掃を行っている方も多いよう。より効果を望まれる方は、布団専用の掃除機を購入し、使用されているみたいですね。

 

 

3位:こまめにシーツを洗濯

「肌に触れるものはやっぱり清潔が一番」
・布団を乾かすことも気にしていますが、シーツは直接肌に触れるものだし、簡単に洗濯が可能なので、こまめにシーツを洗濯するようにしています。(新潟県・41・女性)
・いくら布団を干したり掃除機をかけたりしても、シーツが不潔だと無意味なのでこまめに洗濯をするようにしている。”(新潟県・32・女性)
・シーツは肌に直に接するものなので、定期的に洗濯をしています。(北海道・41・女性)

 

「布団を干すのは手間だから、せめてシーツだけでも…」
・本当は布団を干したいですが、そう頻繁に干すのが億劫なのでこまめにシーツを洗うようにしています。(兵庫県・21・女性)
・なかなか、天日干しが出来ないので、シーツをこまめに洗っています。(宮城県・39・女性)
・布団をしょっちゅう洗うことができないのでシーツを洗っています。シーツを外したふとんは天日干しをします。(広島県・32・女性)
・乾燥などをさせないと不十分だとはわかっているが、共働きなのでなかなか時間がとれず、シーツを洗うくらいしかできていません。(埼玉県・26・女性)

 

お肌に直接当たるシーツは常にキレイにしておきたい、という意見が多く見受けられました。同時に、布団を洗ったり干したりするのが大切だと分かっていながら、どうしても時間がとれないのでせめてシーツだけ…といった回答も目立ちます。

 

 

今回のアンケートの結果を見ると、多くの主婦の方は手軽な天日干しでお布団を清潔に保とうとお考えのようです。昔から行われている方法ですので、ある程度の効果は見込めるでしょう。しかし、除菌効果という点で見てみると、実は天日干しだけでは不十分、ということが近年の研究で分かっています。

 

 

これは、UV(紫外線)の波長が関係あります。除菌にもっとも効果のあるのはUV-Cと呼ばれる220~280nmの波長です。
しかし、残念ながらこのUVは太陽から放たれているものの、ほとんど地表には届いていません。

 

天日干しでも除菌効果がありますが、冬の季節はUVが少なくなるため、一般的に除菌の効果は落ちます。

 

また、シーツの洗浄も三位にランクインしましたが、回答をされた方がおっしゃる通り、シーツを洗うのは確かに手軽ですが、毎日は洗えない布団自体のアレルゲンの除去対策はあまりできていないようです。つまり、それだけでは清潔な寝室をつくることはできない、と言えるでしょう。

 

 

そのため、清潔なお布団を維持するためには、やはり第二位の「掃除機がけ」がもっとも効果的なようです。それも、一般的な掃除機ではなくレイコップなどの布団専用掃除機の使用が重要!これは、レイコップならUVランプがUV-Cの波長を出しており、しっかりと除菌を行い、ダニの繁殖も防いでくれるからだそうです。さらに、パワフル叩きや温風といった機能によって、より高い効果も期待できます。

 

 

そして何よりのメリットは、天日干しやシーツ洗浄に比べて圧倒的に手軽という点です。お布団のケアはできれば毎日したいもの。そのためには、レイコップなどの布団専用掃除機がもっともオススメと言えそうです。

 

 

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事