Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > アレルギーの元となるハウスダストやダニ除去に必要な知られざる要素とは?!

アレルギーの元となるハウスダストやダニ除去に必要な知られざる要素とは?!

922viewvario_secret2016/01/20

アレルギーの元となるハウスダストやダニ除去に必要な知られざる要素とは?!

ハウスダストや、それが原因のアレルギー症状を防ぐためには、定期的なお布団のケアを行うことが大切です。実際にお布団のケアを心がけているご家庭も増えているでしょう。
今回は、お布団のケアとして温風の効果についてご紹介したいと思います。

 

 

お布団のケアは天日干しもいいけれど……

 

 

アンケート調査によると、実際に布団ケアを行っていると答えたご家庭が全体の34.8%にのぼることが分かりました。また、これらのご家庭に具体的なケアの方法を聞いたところ、75.2%が「定期的な布団干し」、59%が「シーツの洗濯」という回答となっています。
ハウスダストによる健康被害の問題などがよく知られるようになり、一般の家庭でもお布団のダニ対策などに対する意識が高くなっていることがうかがえます。
しかし実際のところ、定期的な布団干しによってどれだけお布団が清潔になるかというのは、少し分かりにくいものでもありますよね。「天日干しだけでお布団のダニはすべて退治できているのかしら?そして、退治できてもその死骸はお布団に残ってしまわないかしら?」と疑問に思ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

確かに天日干しには除菌や除湿などの効果はありますが、それだけではダニの死骸などハウスダストの原因をお布団から完全に除去することは難しいようです。それに、花粉症の方は花粉の季節にお布団を干すことができなくなるでしょうし、梅雨の時期である6~7月には、なかなかお布団が干せず困ることもあるでしょう。
しかし、シーツは頻繁に洗えても、お布団の丸洗いを1年に何度もするのは現実的ではありませんよね。

 

 

ダニハウスダストやダニの除去と除湿にも!清潔で快適な「温風」でのお布団ケア

 

 

「外に干したり、丸洗いを業者にいちいち頼んだりするのは大変!なんとか家庭でお布団を清潔にできる方法はないのかな?」と考えたことのある方も多いと思います。お布団を広げたまま簡単にお手入れできる道具があったら、手間も費用もかからずラクチンですよね。布団専用クリーナーです。

 

 

布団専用クリーナーはコンパクトで軽そうな本体なので、「ただのハンディ掃除機と変わらないでしょ?」と思ってしまいがちですが、実際には大違いなのです。
「お布団の上をアイロンのようにスイスイかけているだけで大丈夫?」という風にも見えるかもしれません。布団専用クリーナーはご利用者の事を考えた上で最も楽な操作でハウスダストの除去・除菌効果が得られる製品として開発されています。

 

 

温風のついた製品は布団内のダニを効率的に弱めさせし、その死骸を同時に吸引して取り除く効果があるのです。実は、この「温風」がダニに効果的な方法でもあるのです。
一般に家庭内にいるダニは60度以上の温度で死滅すると言われていますから、70度の温風なら一網打尽と言ってもよいでしょう。天日干しだけでお布団が60度まで温まることは現実的ではありませんし、ドライヤーなどをかけるのも温度管理が大変です。小型で一見多機能には見えませんが、お布団の清潔のための「専用設計」で、あらゆる工夫がなされています。

 

 

■布団ケアを選ぶポイントは

 

 

「布団クリーナーで温風ケアするなら、布団乾燥機を使えばいいんじゃない?」と思った方は、ある意味、鋭いかもしれません。確かに、布団乾燥機は布団干しの代替として長年使われてきましたし、「温風でダニ対策」というポイントも押さえています。
ただ、ダニ対策と除湿はできても、それと一緒に「ダニ除去」ができるかと言えばそうではありません。ダニの死骸もハウスダストとされていますから、ダニを除去させるだけではアレルギーの原因は取り除けないのです。また、布団乾燥機は時間がかかるという難点もありました。

 

 

最近の布団クリーナーはダニを効果的に取り除くように改良されています。また、吸ったダニやホコリを空気中に巻き上げない工夫がされていますし、除菌なども対策されている機種もありますから、これまで干したり丸洗いを頼んだりしていた手間が、1日数分のケアでほぼ完了できると考えれば、かなり便利でお得ではないでしょうか。
最新の布団専用クリーナーで「温風」の効果をぜひ実感してみてください。

 

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事