Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 「世界ライオンの日」を訴える百獣の王の様子が、ラブリー過ぎて萌える

「世界ライオンの日」を訴える百獣の王の様子が、ラブリー過ぎて萌える

131viewred-cb2017/01/13

「世界ライオンの日」を訴える百獣の王の様子が、ラブリー過ぎて萌える

「百獣の王」として動物界に君臨するライオン。実は近年生息数が減ってきていて、絶滅が危惧されています。

出典 YouTube

そんな中、8月10日を「世界ライオンの日」と定めて、ライオン保護を訴える映像がつくられました。

 

映っているのは、動物学者のケビン・リチャードソンという「ライオンと交信できる男」。百獣の王に、恐れ気もなくこの至近距離。さすがです。

出典 YouTube

ケビンが話を始めると…なぜかライオンが同調したのか遠吠えを(笑)。

出典 YouTube

苦笑いのケビン。

しかしよく見ると向かって左側にも毛皮のかたまりが…!

出典 YouTube

げしっ、とじゃれついてきました。でっかい顔にでっかい手ですね。

 

とても微笑ましい和やかな映像で、本来の目的を忘れてしまいそうですが、これを機にライオン保護を考えてみませんか?

出典 YouTube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事