Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 小さな ちいさな森の忍者 チビフクロモモンガに会いたい!

小さな ちいさな森の忍者 チビフクロモモンガに会いたい!

210viewmayu2017/03/03

小さな ちいさな森の忍者 チビフクロモモンガに会いたい!

オーストラリア東部などの森に住んでいるチビフクロモモンガ。しっぽを除くと大人でも頭胴長は約7cmと、滑空するほ乳類としては最小です。

モモンガならではの滑空術こそ最大の武器。25mまで飛ぶことができ、動きはとても素早いので、たとえ小さくても自然の中で立派に生き抜くことができます。

国内では埼玉県こども動物自然公園でしか見ることができません。ドイツのエルフルト動物園から初めて日本にやってきたのは2013年とまだ最近のことです。繁殖は大変難しいと言われていましたが、2年越しの2015年5月、ついに待望の赤ちゃんが産まれました。
カンガルーと同じ有袋類で、メスはおなかの袋で子育てをします。産まれた赤ちゃんはなんと米粒の半分サイズ!毛もなく目も見えない状態から、お母さんの袋に守られながら約63日を過ごします。

チビフクロモモンガは、通常は2~5頭の群れをつくる夜行性の生き物です。埼玉県こども動物自然公園では、何頭かが仲良く並んでエサを食べるかわいらしい姿や鳥の羽のような特徴的なしっぽ、枝の間を機敏に飛び移る様子を観察できます。

顕微鏡でしか見えないような毛が足に生えているので、展示室のガラスを駆け上がることもでき、その姿はまるで小さな忍者。国内唯一のチビフクロモモンガと会える場所、ぜひ一度訪れてみては?

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事