Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > あなたのイメージを覆す 可愛すぎる“コウモリ”の変わった暮らし

あなたのイメージを覆す 可愛すぎる“コウモリ”の変わった暮らし

372viewmayu2017/03/07

あなたのイメージを覆す 可愛すぎる“コウモリ”の変わった暮らし

コウモリと聞くと、夜型、不気味、ドラキュラの使い・・・など暗ーいイメージばかり思い浮かびませんか?しかし、『フルーツコウモリ』(別名オオコウモリ)という種類のコウモリはとっても可愛く、ペットとしても人気なんです。

名前の通り、果物中心の食生活。花粉や花の蜜も食べています。虫を食べるコウモリと違い、つぶらな瞳で子犬に羽が生えたような姿をしています。

果実を噛みながら果汁だけを飲み、口の中に残ったカスは吐き捨てます。

 

通常、コウモリの視覚はあまり発達しておらず、超音波による音の反響から周囲の環境を認識し、その情報をもとに飛行します。

一方フルーツコウモリは視覚を頼りに飛行します。そのため昼行性で、目で果物や花を識別して食べています。

そんなフルーツコウモリの中でも、最も可愛いのが『コバナフルーツコウモリ』。体長は7~13cmほどと小さく、オーストラリアや東南アジアに生息しています。クリクリお目めに釘付け!

コウモリの住み処といえば洞窟と思いがちですが、コバナフルーツコウモリは自分で家を作ります。オスがヤシの木の葉をかじり、垂れた葉の内側に一頭のオスがたくさんのメスを呼んで一緒に暮らします。

可愛い顔とは裏腹に、ハーレムを作る暮らしぶりは隅に置けないですが、せっせと家作りをして頑張っている姿を思うと憎めないですね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

キーワード

カテゴリ別新着記事