Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > ノロノロ歩きがかわいい! 泳ぐのが苦手な珍魚“ウミテング”

ノロノロ歩きがかわいい! 泳ぐのが苦手な珍魚“ウミテング”

159viewmayu2017/03/21

ノロノロ歩きがかわいい! 泳ぐのが苦手な珍魚“ウミテング”

ゴツゴツした体、翼のように大きな胸ビレ、長く突き出した口。へんてこな姿をした魚の名前は『ウミテング』です。

日本では長い口先の形を“テング”に例えていますが、英語では“little dragon fish”の名が付き、ウミテングはタツノオトシゴの親戚とされています。

体は平べったく、堅い骨板で覆われています。全長10cmほどの海水魚で、千葉県以南の太平洋から、インド洋沿岸までの浅海砂泥地帯に広く分布しています。普段はヒラメのように海底でじっとしていることが多い、底生魚です。褐色や黄土色などの地味な体色は、近くの岩などの地形や砂地に合わせ、保護色としています。個体によってそれぞれ色合いが違います。

 

魚とは言え、泳ぐのは苦手な様子のウミテング。泳ぐというより、“歩く”ように見えます。胸ビレを水平に大きく広げ、細長い腹ビレを足のように使って、海底を這うように移動しながら、小型の甲殻類やプランクトンなどの微小な底生生物を食べています。

 

出典 Youtube

動きはとってもゆっくりで、見つけると近寄るのは簡単。ノソノソ歩くかわいいウミテングはダイバーたちから人気者です。ペアで発見されることが多く、後ろからついてくる小さく地味な方がメスです。

 

生態についてはほとんどわかっていませんが、多くの時間を海底で過ごすと考えられている一方、産卵は海面近くで行われ、幼魚は浮遊生活を送るようです。

海中を漂う、小さなテングも見てみたいですね。

 

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事