Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 自然界のプレゼント! リボンをかけたような美しい模様の“クラカケアザラシ”

自然界のプレゼント! リボンをかけたような美しい模様の“クラカケアザラシ”

244viewmayu2017/04/30

自然界のプレゼント! リボンをかけたような美しい模様の“クラカケアザラシ”

遠目には、ペンギンかパンダのようにも見える、不思議な模様をしたアザラシ、『クラカケアザラシ』。ベーリング海やオホーツク海を中心に生息しています。日本でも根室海峡など、流氷に乗って北海道近海にまで回遊してくることがありますが、比較的氷の厚いところで暮らしているため、ここまで南下するのはかなり珍しい種類です。

体長約170cm、体重70〜130kg。遊泳性魚類、イカやオキアミなどを食べます。

成獣のオスには、黒っぽい体に首、前肢、腰を取り巻く白い帯があり、これが馬具の鞍を掛けたように見えることから「クラカケアザラシ(鞍掛海豹)」の名前がつきました。太くて白い帯がリボンのようにも見えるため、英名は「Ribbon Seal(リボン・アザラシ)」といいます。プレゼントするために、ラッピングされたような模様ですね。

出典 Pinterest

クラカケアザラシも、日本にやってくる他のアザラシたちと同様に海氷上で出産するため、赤ちゃんは真っ白な新生児毛に覆われています。メスや成熟前のオスは、模様が不鮮明です。オスも若いうちは、銀灰色の毛ですが、成長するにつれ黒い部分がはっきりとし、クラカケ模様が完成します。

神経質で警戒心が強く、飼育は難しいとされるクラカケアザラシ。平成27年6月、北海道で保護され、おたる水族館に展示されていました。「くらまる」と命名され、日本で唯一の飼育個体として人気を呼んでいましたが、現在はもう見ることはできないそうです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事