Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 頭を叩かれると死んでしまう!珍獣“ツチブタ”謎に包まれた暮らし

頭を叩かれると死んでしまう!珍獣“ツチブタ”謎に包まれた暮らし

313viewmayu2017/05/01

頭を叩かれると死んでしまう!珍獣“ツチブタ”謎に包まれた暮らし

ウサギのような耳と、カンガルーのように長く丈夫な尻尾を持ち、管状になった口先でアリクイのように蟻を食べる、“ブタ”の名が付いた生き物。一部ずつは何かに似ているようですが、組み合わさった姿はまさに珍獣。現地の人もあまりお目にかかれない幻の動物『ツチブタ』です。

 

長年、その属性について動物学者を悩ませ、結局どの科にも属さない“管歯目”唯一の動物として、ツチブタ科に分類されました。恐らく白亜紀末期に登場した原始草食動物と言われる、いわゆる「生きた化石」です。

出典 Haiku Deck

サバンナや開けた森林等に生息し、夜行性で穴を掘って生活しています。主にアリやシロアリを食べます。鋭い爪は、白蟻の頑丈な巣を破壊したり、敵から身を隠すための穴を素早く掘ったりするのに役立っています。

吻は長く、鼻孔は体毛で覆われていて、地面を掘る際に砂塵が侵入しづらくなっています。45cm程もある長い舌で蟻を捕えます。

視力が弱い代わりに、優れた嗅覚や聴覚で獲物を探し、自ら強い匂いを放つことで仲間に存在を知らせます。

最大の武器は掘削能力の高い爪ですが、それ以外はとても弱いようです。蟻を食べるため顎の力はなく、さらに頭蓋骨ももろく、少し強く叩くと死んでしまうそう。極めて憶病で、ちょっとした物音に驚き、木にぶつかって死んでしまうこともあるのだとか。

人目につきにくいツチブタは捕まえることが難しく、哺乳類のなかでも生態が一番よく分かっていない、謎に包まれた生き物です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事