Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 指輪ならぬ 石を渡してプロポーズ!“アデリーペンギン”のラブコール

指輪ならぬ 石を渡してプロポーズ!“アデリーペンギン”のラブコール

264viewmayu2017/05/22

指輪ならぬ 石を渡してプロポーズ!“アデリーペンギン”のラブコール

人間がプロポーズのときに指輪を渡すように、動物の中にも、あるプレゼントをして求愛する種がいます。南極で一番数の多いペンギン、『アデリーペンギン』のオスは、お目当てのメスに“小石”を贈って愛の告白をします。そのへんに転がっているように思える石ころですが、アデリーペンギンたちにとっては何より大切な“宝物”なのです。

出典 RTE

全てのペンギンにとって、石が重要な訳ではありません。アデリーペンギンが石を必要とするのは、10月の繁殖期。繁殖のため多くの個体が集まり、巣作りをします。その巣の材料こそ、小石です。南極の氷山地帯という、石が少ない地域で大量のアデリーが同時期に巣作りするため、石の多い地域で暮らす種や草や土で巣を作るペンギンと違い、石が宝物のように貴重な存在になるのです。

巣作りは、オスが嘴で小石を1つ1つ拾い上げ、ヨチヨチおぼつかない足取りで運び、火山のような形に積み上げる、大変な作業です。しかし、冷たい雨や雪が降り、卵が水に浸ると死んでしまうため、親はできるだけ高い巣を作らなくてはいけません。立派な石の巣を作れたかどうかが、天敵や、南極の厳しい自然から卵を守る鍵となるのです。巣の出来が悪いとメスに振り向いてもらえないので、オスは一生懸命です。ところが、巣作り中には頻繁に石の奪い合いが起こります。

そんな貴重な小石を差し出して、ラブコールするアデリーペンギン。大切にしているものだとわかっているからこそ、絶大な効果がありそうですね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事