Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > ネズミじゃないよ!世界最小のカンガルー“ニオイネズミカンガルー”

ネズミじゃないよ!世界最小のカンガルー“ニオイネズミカンガルー”

342viewmayu2017/05/27

ネズミじゃないよ!世界最小のカンガルー“ニオイネズミカンガルー”

カンガルーといえば、お腹の袋に赤ちゃんを入れて元気ジャンプする、太い尻尾に大きな体の動物、といったイメージがありますよね。では、世界で一番小さなカンガルーって、どんな姿だと思いますか。

動物園等で見かけるカンガルーが体長約1.5mなのに対し、20~30㎝程の世界最小種が『ニオイネズミカンガルー』です。その見た目は、ネズミとしか思えないほどの小ささです。

カンガルー科には、カンガルー、ネズミカンガルー、ニオイネズミカンガルーの3亜科がいます。ニオイネズミカンガルーは一種のみからなる、特殊な原始哺乳類です。足先や尾には鱗があり、トカゲのような特徴を残しています。基本的には単独行動ですが、仲間を探すときに香水のような香りを出すことからニオイネズミカンガルーと呼ばれているようです。

出典 Pinterest

オーストラリア・クイーンズランド州の、湖や川沿いの熱帯雨林に分布しています。生息地はとても狭く、州北部の半径約150㎞の範囲でのみ生活しています。

他のカンガルーのようにジャンプせず、四足で走ります。木に登ることもできますが、大抵地上で過ごし、落ちている小さな昆虫や木の実など食べます。カンガルーの中で唯一、日中に活発に動く、足の指が5本ある、という特徴をもちます。小さな体で落ち葉や草の間を隠れるように歩き回り、夜は枯葉やシダで作った巣で休みます。

出典 Youtube

動いている姿もやっぱりネズミにしか見えませんが、ちゃんとお腹の袋で子育てもしているようです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事