Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > ピンポン玉のような まんまる金魚“ピンポンパール”の泳ぎに目が釘付け!

ピンポン玉のような まんまる金魚“ピンポンパール”の泳ぎに目が釘付け!

651viewmayu2017/06/11

ピンポン玉のような まんまる金魚“ピンポンパール”の泳ぎに目が釘付け!

様々な種類がいる金魚の中でも、群を抜いて癒し系の種に『ピンポンパール』がいます。名前の由来は、まさにそのピンポン玉のような体型です。コロコロした丸い体に、パールのような鱗が特徴です。

市場に流通するもののほとんどは“ピンポン玉サイズ”ですが、驚くことに、成長するとテニスボールからソフトボールの大きさにまでなる個体もいます。

出典 4travel.jp

まんまるな体型のため、普通の魚の様に身体をクネクネさせることができず、泳ぐ時は小さな胸ビレと尾ヒレを懸命に動かします。ヒレをパタパタ動かして泳ぐ様はとにかく可愛い!と大人気です。

出典 Youtube

ところが、この愛らしいピンポンパールの多くが、1週間ほどで死んでしまうことがよくあります。その原因の大半が、「白点病」や「尾ぐされ病」といった病気です。これらは同じ水槽内で感染し、魚たちは一気に全滅してしまうのです。

 

病気の原因は、原産国の東南アジアと日本の気候の違いにあります。ピンポンパールは“熱帯”の地で育てられます。常夏の水温帯では、高温に弱い白点病等が発症しづらいのです。ただし、病原はすでに「付着」している場合が多く、日本に輸入されると、水温や体力の低下により症状が広がってしまう危険が高まります。

水槽にヒーターを入れて温度を保ったり、国産の強い個体を選んだり、元気なピンポンパールを育てるのは大変ですが、その分大きな癒やしも与えてくれますよ。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事