Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 光の角度で羽が虹色に見える! 世界の美しい極彩色の鳥“アメリカムラサキバン”

光の角度で羽が虹色に見える! 世界の美しい極彩色の鳥“アメリカムラサキバン”

216viewmayu2017/07/24

光の角度で羽が虹色に見える! 世界の美しい極彩色の鳥“アメリカムラサキバン”

紫や青などが混じり合った美しい羽色に、印象的な黄色くて大きな脚が目を引く鳥『アメリカムラサキバン』。ツル目クイナ科の鳥で、全長27~36cmと、ハトよりも少し大きな体です。

湖沼、川辺、湿地に生息する水鳥で、長い脚でひょいひょいっと睡蓮の葉上などを歩きます。雑食性で果物、種、葉っぱ、カタツムリ、水棲昆虫、蛙など何でも食べます。時には他の水鳥の卵や雛まで食べてしまうそうです。

アメリカ南部から中央アメリカ、南アメリカのアルゼンチン北部、チリ北部にかけて繁殖するアメリカムラサキバンですが、北米の中ではフロリダ半島か、アリゾナあたりでしか観察することができません。

出典 HBW Alive

光の反射角度によっては、青、緑、紫、赤、黄、水色など、虹色の体に変身するアメリカムラサキバン。頭から胸、腹は紫色がかった濃い青色で目立ちます。額側は青灰色、または青みがかった白色。背中は暗緑色で、尻尾の下のほうは白色、虹彩は褐色、嘴は朱色で先端が黄緑色、足は黄色と大変カラフルです。しかし、日の照らない曇りの日や日陰では、逆に真っ黒に見えることもあります。観察のときには、快晴の日が狙い目です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事