Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > ドジっ子のおちゃめなカンガルーが絶滅の危機!樹の上で暮らす“キノボリカンガルー”

ドジっ子のおちゃめなカンガルーが絶滅の危機!樹の上で暮らす“キノボリカンガルー”

168viewmayu2017/08/14

ドジっ子のおちゃめなカンガルーが絶滅の危機!樹の上で暮らす“キノボリカンガルー”

「カンガルー」と名がつくけれど、何だか子グマのようにも見え、一目でただものじゃないとわかる『キノボリカンガルー』。カンガルーというと、みんなオーストラリアに住んでいるイメージがありますが、キノボリカンガルーはインドネシアやパプアニューギニアに生息しています。しかも、太い脚でピョンピョン地上を跳ねる、というわけではなく、樹上で生活するという、特異な生態を持ちます。そのため、後脚の代わりに前脚の力や爪が発達し上手に木を登ります。長い尾を使って、樹上でバランスを取っています。

出典 tudtad.com

見るからにぼんやりとした表情のキノボリカンガルー、かなりのドジっ子です。おっとりしていて、よく樹上から転げ落ちてしまうのです。そして、落ちると地面を歩くのが苦手なので、更にトロトロとなるそう。ただし、自分の土俵である木の上での動きは敏しょうで、18m以上の高さから地上に飛び降りることもできます。

主に木の実や葉を食べて生活していますが、生息地の木々が伐採され、食べ物がなくなってもその場を離れようとしないため、個体数がどんどん減っており、絶滅の危機にあります。マイペースで可愛いキノボリカンガルーですが、あまりのんびりしている余裕はなさそうです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

キーワード

カテゴリ別新着記事