Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > メジャーリーグ「ブルージェイズ」名前の由来となった幸せの青い鳥“アオカケス”

メジャーリーグ「ブルージェイズ」名前の由来となった幸せの青い鳥“アオカケス”

292viewmayu2017/08/27

メジャーリーグ「ブルージェイズ」名前の由来となった幸せの青い鳥“アオカケス”

『アオカケス』は、スズメ目カラス科に分類される鳥です。全長30cmで、名前の通り頭頂部や背面、尾羽が鮮やかな青い羽毛で覆われている美しい“青い鳥”です。頭には冠羽が発達しており、この羽は気分によって形が変化します。例えば、興奮したり攻撃的になったりしているときは、冠羽は完全に立ち上がり、一方休んだり餌を食べたりするときは、冠羽は平らな状態となります。

出典 iStock

アメリカ合衆国、カナダ、メキシコなどに分布し、森林や農耕地・市街地などに生息します。適応力が強く市街地等でも見かけられるため、北米大陸では大変身近な鳥です。

タカなど猛禽類の鳴き声を真似て、威嚇などに用いることもあるアオカケスは、多彩な鳴き声の持ち主。英語で『ブルージェイ』と呼ばれるアオカケスの名は、「ジェイ! ジェイ!」という鳴き声に由来します。この名前、メジャーリーグ・ベースボールの球団である「ブルージェイズ」のチーム名に使われています。現在、ソフトバンクの川崎宗則選手などが所属していた球団なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。オンタリオ州を代表する鳥とされるアオカケスが、州のトロントに拠点を置くチームの名前として採用されたのです。ブルージェイズに勝利を運んでくれる、幸せの青い鳥として期待されたのかもしれません。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事