Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 超癒し系!自分で開けた引き出しの中ですやすや眠る“ウォンバット”の赤ちゃん

超癒し系!自分で開けた引き出しの中ですやすや眠る“ウォンバット”の赤ちゃん

328viewmayu2017/09/22

超癒し系!自分で開けた引き出しの中ですやすや眠る“ウォンバット”の赤ちゃん

オーストラリアなどに住む有袋類の『ウォンバット』は、ずんぐりした体つき、短い足でヨタヨタと歩く、癒し系の動物です。顔に似合わず長くて鋭い爪を持ち、野生では土にトンネルを掘ってその中で眠ります。

出典 YouTube

野生から保護されたウォンバットの中に、飼育されるお家の中で“とっておきの寝床”を発見した赤ちゃんが大変人気を呼んでいます。赤ちゃんの名前は、「ケニー」。ケニーは、ある悲しい理由から保護されました。それは、お母さんとの死別です。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州スコーンで、車にはねられて亡くなったお母さんウォンバットがいました。彼女の育児嚢の中にいたのが、お母さんに命がけで守られた赤ちゃんケニーでした。ケニーの名前は、そのとき助けたKenさんに由来します。

ケニーはオーストラリア爬虫類公園に入居した後、飼育係のLibby Bainさんと一緒に暮らすことになりました。生後間もないウォンバットは毎日の睡眠時間が長く、常に暖かいところで眠ります。一日の大半を寝床で過ごすため、ぐっすりと眠れる、寝心地のよい場所を探し回ったケニーが見つけたのは、お洋服がいっぱい詰まった“引き出し”の中でした。ケニーは自分の力で数分かけて引き出しを開け、その中に這い込み、衣服を枕にして眠るのがお決まりになりました。

お母さんとは悲しい別れを経験したケニーですが、人間たちに温かく見守られながら日々成長しています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事