Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 赤ちゃんのときだけ【金色】の体!成長しても美しいサル“ブラッザグエノン”

赤ちゃんのときだけ【金色】の体!成長しても美しいサル“ブラッザグエノン”

42viewmayu2017/10/01

赤ちゃんのときだけ【金色】の体!成長しても美しいサル“ブラッザグエノン”

生き物たちの“赤ちゃん”時代は、かわいらしい姿が多く見られます。哺乳類や鳥類は特に愛らしい見た目の赤ちゃんが多いのですが、『ブラッザグエノン』というサルは、かわいらしく、さらにとても神秘的な赤ちゃんを産むことで知られています。

 

ブラッザグエノンは、エチオピアやカメルーンなど、中央アフリカから東アフリカにかけて分布し、森林地帯に生息しています。木の上だけでなく地上でも俊敏に動くことができ、運動神経バツグン。移動するときには地上に下り、外敵が迫ると走って逃げます。また、川の近くや沼のある湿地帯などに好んで生活し、巧みな泳ぎで外敵から逃げることもあります。小さな群れを作り、果実やキノコ、昆虫や爬虫類など様々なものを食べます。

出典 BioLib

白く長いアゴヒゲと、頭頂部にあるオレンジ色で三日月型のヘアバンドが特徴的なブラッザグエノン。このユニークな配色は、大人になるにつれて見られるのですが、赤ちゃんのときには全く違う色をしています。それは、なんとも神々しい“金色”の体です。目立つ体で敵に狙われやすいのでは、と思いますが、群れで暮らすブラッザグエノンたちの中で、すぐに赤ちゃんの居場所が把握でき、助けてもらいやすいために金色をしていると考えられています。大人になったブラッザグエノンも“世界で最も美しいサル”のひとつとされており、産まれてから成長するまでその美しさは変化しながらも続いていきます。

出典 GANREF

出典 Houston Zoo

 

カテゴリー

アクセスランキング

キーワード

カテゴリ別新着記事