Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > シマシマ模様がキュートな「生きた化石」 珍獣“ダイカー”って知っていますか?

シマシマ模様がキュートな「生きた化石」 珍獣“ダイカー”って知っていますか?

577viewmayu2017/10/24

シマシマ模様がキュートな「生きた化石」 珍獣“ダイカー”って知っていますか?

『ダイカー』はサハラ砂漠以南のアフリカ大陸に暮らす、ウシの仲間です。夜行性でとっても臆病な性格のため、なかなか観察することができない珍獣です。ダイカーは、アフリカーンス語で英語の「diver(ダイバー)」と同じ意味で、薮の多いサバンナに生息し、危険を感じると茂みに飛び込むように逃げる習性に由来すると考えられています。初期のウシ類の化石と共通点が多い生き物で、極めて原始的なアンテロープとされています。

食性は植物食傾向の強い雑食で、主に木の葉を食べます。その他にも、茎や樹皮、果実、昆虫や鳥類、小型哺乳類まで幅広く口にします。ダイカーの最大の特徴は、背中のストライプ模様です。シマウマのようでもあり、なんだか焦げ目のついたおいしそうなチャーシューのようにも見えてしまいます。実際、現地では食用とされてしまうこともあるそうです。生息地や大きさの違いなどにより、約17種が確認されており、最大種は「コシキダイカー」で体長115~145cm、体重45~80kgです。サバンナに生息する「サバンナダイカー」以外は主に森林に暮らしていますが、森林伐採による生息地の破壊、食肉目的の狩猟、害獣としての駆除などにより生息数が減少している種もいます。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事