Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 気を付けて!“スネアーズペンギン”たちが滑り下り 絶壁に立ち向かう様子に胸を打たれる

気を付けて!“スネアーズペンギン”たちが滑り下り 絶壁に立ち向かう様子に胸を打たれる

172viewmayu2017/10/25

気を付けて!“スネアーズペンギン”たちが滑り下り 絶壁に立ち向かう様子に胸を打たれる

ニュージーランドの南、約200kmの地点に位置する、「スネアーズ諸島」で繁殖する唯一のペンギン種『スネアーズペンギン』。太眉毛のようにも見える、鮮やかな黄色いトサカと、太くて立派な赤茶色のくちばしが特徴的で、別名を「ハシブトペンギン」といいます。

 

スネアーズ諸島には、スネアーズペンギンしかおらず、絶滅危惧種にも指定されている彼らのために、この唯一の生息地はニュージーランド政府から厳格に保護されています。ただし、この島は大変厳しい環境の島です。緯度が高くなるほど、南極大陸周辺の海はひどく荒れていきます。暴風圏が横たわる南緯40~60度は「ほえる40度、狂う50度、叫ぶ60度」と呼ばれ、嵐吹き荒れるエリアとして、船乗りたちに恐れられてきた海域です。スネアーズ諸島はその中の「ほえる40度」に位置しています。人間の上陸が許されないこの島では、船の上からしかペンギンを見ることができないため、よほどの天気に恵まれなければ、スネアーズペンギンたちの観察はできません。

卵はオスとメスが交代で温め合います。ヒナが産まれると、今度はオスが、ずっとヒナと一緒に過ごし、暖め守ります。一方メスは、毎日採餌のために海へ出かけ、夕方戻ってきて、ヒナに餌を与えます。お母さんは、絶壁をつるつると滑り下りながらも、この過酷な島で家族を養うために一生懸命戦っているのです。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事