Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > これでもゾウの親戚!サバンナに生きる“ハイラックス”がころころしていて可愛い!

これでもゾウの親戚!サバンナに生きる“ハイラックス”がころころしていて可愛い!

82viewmayu2017/12/05

これでもゾウの親戚!サバンナに生きる“ハイラックス”がころころしていて可愛い!

アフリカや中東に生息する『ハイラックス』は、岩地やサバンナなど、乾燥した環境に好んで暮らす、愛らしい動物です。気まぐれですが、時折生息地に訪れた人々の前に現れ、草木をもぐもぐ食べる姿を見せてくれることもあり、観光客たちからも大人気です。耳の短いウサギのような、大きなネズミのような見た目で、体型はタヌキに似ることから、「イワダヌキ」なんてあだ名もあります。ところが、彼らの親戚にあたるのは想像もつかないような、似ても似つかない生き物、ゾウやジュゴンなどです。その証拠として、ハイラックスの足には蹄に似た平たい爪、扁爪があります。

出典 Pinterest

主に昼行性のハイラックスの日課は“日向ぼっこ”です。哺乳類でありながら、体温調節の機能があまり優れていません。そのため、早朝や夕暮れ時など気温の低い時間帯には日向ぼっこをして体を温め、日中の暑い時は日陰で体を冷やすなどして、体温を調整しています。エサを食べるとき以外は、群れで休んでいることが置く、これも体温を維持するための行動です。お目めくりくりのハイラックスたちが身を寄せ合っている姿も、とってもかわいらしい光景です。

出典 Haiku Deck

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事