Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 【絶滅危惧種】虫なのに癒し系!かわいすぎるモフモフの昆虫“トラツリアブ”

【絶滅危惧種】虫なのに癒し系!かわいすぎるモフモフの昆虫“トラツリアブ”

496viewmayu2018/01/12

【絶滅危惧種】虫なのに癒し系!かわいすぎるモフモフの昆虫“トラツリアブ”

虫嫌いな人でもきっと、思わずかわいいと感じてしまう?それほど、虫にしては癒し系な『トラツリアブ』は、れっきとした昆虫の一種、ハエ目トリアブ科に分類される虫です。体長10mmほどと非常に小さく、もこもこと柔らかそうな毛で全身が覆われています。真っ黒で大きいつぶらな瞳もキュートです。

出典 Twitter

食生活も可愛いトラツリアブ、花と花を渡り歩きながら、植物のミツを食べて暮らしています。顔の中央部分にある、長く細いストローのような器官を使って、花から直接ミツを吸い取ります。飛ぶ時に後ろ足を上げて、大の字に体を開くのもちょっとおかしな姿で可愛らしいのです。

おもにユーラシア地方に生息していて、日本国内で最も目撃情報が多いのは岡山県の山奥。大阪や兵庫、愛媛などでも発見事例があります。国内では九州以西で発見された事例はありません。実はトラツリアブ、レッドデータブックに載るほどの希少種で、非常に貴重な生き物です。ここ十数年の間に、可愛らしいルックスで注目を浴び、インターネットをはじめとした様々なメディアに取り上げられるようになりました。元々メインシーズンである秋ごろでも、100匹程度しか観測されない珍しい生き物でしたが、話題になったことで、トラツリアブを一目見ようと、人々が殺到してしまいました。それにより生息地が荒らされ、ただでさえ数を減らし続けていたトラツリアブはさらなる危険にさらされています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事