Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 犬が飛びついてくるのは癒されるのに 猫がくっついてくると不安になってしまうのはなぜ?

犬が飛びついてくるのは癒されるのに 猫がくっついてくると不安になってしまうのはなぜ?

467viewvario2018/02/12

犬が飛びついてくるのは癒されるのに 猫がくっついてくると不安になってしまうのはなぜ?

犬と猫の違いをマンガで楽しく紹介してくれる松本ひで吉(@hidekiccan)先生。

今回のテーマは犬や猫がくっついてくるときの違いについて!

イメージとしては、犬は飼い主さんにいつもべったり。猫は気の向いたときだけ、というイメージがありますよね?

確かにそのイメージ通りではあるのですが、むしろくっつかれたときの飼い主さん側に反応の違いがみられるようです。

まずは犬の場合。

基本的にはあまり空気を読まない犬。楽しいときはもちろん、忙しいときも辛いときも同じように飛びついてきます。ときにはわずらわしく感じてしまうことがあるかもしれませんが、その無邪気さに癒されてしまうのも確か。それもまた犬の魅力ですよね。

さて、それでは猫の場合はどうでしょう。

普段は素っ気ないのに、意外にも空気を読む力はあるのか、飼い主さんが辛いときにくっついてくることが多いようです。これはたまらなく癒されちゃいますね。

しかし、何かの気まぐれで、特に辛い状況でないにも関わらず、猫がくっついてくることも。

すると、飼い主さん的には「もしかして…」と不安に思ってしまうことがあるみたいですね(笑)。

やっぱり犬と猫には違いがあるみたいですが、こんな風に毎日楽しい話題を提供してくれる点では変わりありませんね♪

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事