Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 国内でも繁殖に成功!かわいすぎる珍獣サル“ショウガラゴ”の赤ちゃん

国内でも繁殖に成功!かわいすぎる珍獣サル“ショウガラゴ”の赤ちゃん

129viewmayu2018/04/07

国内でも繁殖に成功!かわいすぎる珍獣サル“ショウガラゴ”の赤ちゃん

顔の大部分を占めるほど大きなまんまるの瞳と、ぴょこんと立ち上がった大きな耳が特徴的な『ショウガラゴ』。体長16cmほどの小柄なサルの仲間で、西アフリカのセネガルからケニア、タンザニアにいたるまで、アフリカ大陸に広く分布しています。密生した森林地帯や水辺、荒れた草木や多雨林地帯など、さまざまな環境に適応できることでも知られています。

 

主に樹上生活を送っていて、木々の間を目にも留まらぬ俊敏さで飛び回ります。昆虫類を捕らえ、特にバッタを好んで食べていますが、雑食性で小鳥やその卵、果実、種子、樹脂なども食べます。昆虫を捕まえるときは、自慢のビッグジャンプで飛びつきますが、聴力はかなり優れていて、昆虫の羽ばたく音まで聞き分け、手を伸ばして捕まえることもあります。このとき、大きな目に備わる特殊能力も役に立っています。ショウガラゴの目には「輝膜」と呼ばれる反射層があり、これによって光を増幅して、暗闇でも正確にものを捉えることが出来るのです。

出典 Educalingo

ペットとしても最近人気急上昇中のショウガラゴ、日本でも動物園などで会うことができます。東山動植物園では、繁殖にも成功し、2016年に可愛い赤ちゃんが生まれています。産まれたときからふかふかの毛に覆われ、目はまだ半開き、自由に動き回ることができません。上野動物園では「小獣館」で展示されており、枝から枝に元気よく飛びまわる姿を見ることができます。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事