Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > ずらーっと並んだ美しい小鳥“キレンジャク”がたわわになる木?!

ずらーっと並んだ美しい小鳥“キレンジャク”がたわわになる木?!

221viewmayu2018/06/11

ずらーっと並んだ美しい小鳥“キレンジャク”がたわわになる木?!

全長19cm、丸みのある体に、オレンジ色のふわっとした冠羽が特徴の『キレンジャク』は、スズメの仲間の野鳥です。尾羽の先が鮮やかな黄色になっているのですが、尾羽の先が赤色の「ヒレンジャク」というそっくりさんがいます。体の真ん中あたりの翼の先には、赤い蝋状の突起が2対あります。キレンジャクの英名「ワックスウィング」はこれに由来しています。北半球の寒帯に広く繁殖分布し、日本では北側に冬鳥として見られます。果実を食べるキレンジャクの好物は、ヤドリギの実です。木の実を食べつくすと移動していくので、移動した先でヤドリギの種を含むフンをすることで、ヤドリギの生息範囲を広げてくれるという共生関係が成り立っています。

出典 HBW Alive

キレンジャクの「連雀」はスズメのようにずらっと連なって並ぶことを意味します。冬は10~30羽くらい、時にはヒレンジャクと混じって、100羽以上の群れを作ることもあります。一本の木の枝々に連なる様子は、まるで、キレンジャクがたわわになっている木みたいです。「チリリ」「ピピピ」と小さな声で地鳴きをし、仲間とコミュニケーションを取るキレンジャクが、集団で一斉に鳴くと、まるで小さな鈴がたくさん鳴っているかのような美しい音色が森中に響きます。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事