Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 空飛ぶダンボみたいなうさぎ“イングリッシュロップイヤー”のたれ耳がかわいい!

空飛ぶダンボみたいなうさぎ“イングリッシュロップイヤー”のたれ耳がかわいい!

472viewmayu2018/06/15

空飛ぶダンボみたいなうさぎ“イングリッシュロップイヤー”のたれ耳がかわいい!

『イングリッシュロップイヤー』は、イギリスを原産とするうさぎの品種です。その歴史はとても古く、19世紀のビクトリア朝で誕生しました。世界で初めてペット用に品種改良されたうさぎで、現在数種類がいる、カラーバリエーション豊かなロップイヤー種の原種でもあります。体長約4kgと比較的大柄で、最大の特徴は、地面まで届くほどの長〜い耳です。この耳は、左右広げると70cmを超える個体もいて、体を包み込むように垂れた愛らしい姿は、まるで大きな耳で空を飛ぶ、ディズニー映画の「ダンボ」のようです。アメリカのラビット協会(ARBA)が発行した血統書付きの個体のみが、正式なイングリッシュロップイヤーであるとされています。

出典 Shutterstock

おとなしい性格ですが、人にはなつきやすいイングリッシュロップイヤー。賢いので、名前を呼んだり、エサの時間がわかると寄ってきたりするようになります。なれてくると甘えてきたりする姿も愛らしいですよ。うさぎは、自分で毛づくろいした毛を飲み込んでしまうと、吐き出すことができません。特に耳の長いロップイヤーは、定期的なブラッシングで毛を飲み込むのを防いであげる必要があります。最低でも週に一度、毛の生え変わる時期にはできれば毎日、入念なブラッシングをしてあげることが、血行を良くして皮膚を丈夫にする効果があったり、スキンシップとしてコミュニケーションを取ったりする意味があり、入念なケアが大切です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事