Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > くるりと丸まっていろんなところで眠る“ヤマネ”のベッドルームにびっくり!

くるりと丸まっていろんなところで眠る“ヤマネ”のベッドルームにびっくり!

69viewmayu2018/06/20

くるりと丸まっていろんなところで眠る“ヤマネ”のベッドルームにびっくり!

野ネズミのような、ハムスターのような小さくて可愛らしい『ヤマネ』。ネズミやハムスターは尻尾が短く、毛がないのが特徴ですが、ヤマネはフサフサの長い尻尾と背中に一本黒い筋があるのが見分けるポイントです。 ヨーロッパヤマネ、オオヤマネ、メガネヤマネ、アフリカヤマネ、チュウゴクヤマネなどの仲間が世界各地に生息しています。日本にも本州、四国、九州に分布する『ニホンヤマネ』がいますが、絶滅の危機にさらされ、1975年に国の天然記念物に指定されています。ヤマネは、冬眠生活が長いことと、夜行性ということもあり、森の中でも滅多に出会うことのできない貴重な動物です。

出典 Gooブログ

ヤマネは冬になると冬眠する動物で、寒くなると木のうろや鳥の巣箱などにコケなどの巣材を詰めこみ、中でまるくなって春まで眠ります。地面や雪の中に穴を掘ったり、山小屋に巣を作ったりすることもあり、小屋の中にある布団やタンスの中で冬眠することも。冬に木を切ると、冬眠中のヤマネが転がり出てくるなんてこともあるそう。そのため、林業に携わる人々の間では、ヤマネは山の守り神として大切に扱われてきました。山の別荘で、ヤマネが巣を作って冬眠しているのを別荘の持ち主が見つけることも珍しくないようです。布団以外にも、ぬいぐるみの中、靴の中、ピアノの中、いろいろなところをベッドルームにするヤマネ、本人はのんきに眠っているだけなのでしょうが、見つけた人はびっくり。かくれんぼしているみたいで可愛いですね。

出典 Pinterest

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事