Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 「餌くれダンス」がかわいい世界最小の淡水フグ“アベニーパファー”

「餌くれダンス」がかわいい世界最小の淡水フグ“アベニーパファー”

224viewmayu2018/06/21

「餌くれダンス」がかわいい世界最小の淡水フグ“アベニーパファー”

『アベニーパファー』は、インド原産のフグの仲間です。全長3cmほどまでしか成長せず、世界最小のフグとして知られていて、丸いフォルムに、どこかとぼけたような表情が可愛らしい魚です。通常海に生息しているフグですが、アベニーパファーはインドのバンパ川などに暮らしていて、淡水域のみで生息が確認されています。また、フグといえば毒を持つ魚、というイメージが強いですが、アベニーパファーの毒性についてはまだ未知数です。ただし、フグの毒は、天然の細菌などが作り出した毒を食べた微生物を、フグが食べて摂取するものとされています。生まれた時から管理された餌を食べて育った養殖個体であれば毒性は無いようですが、野生個体はフグ毒を持つ可能性があります。

小さな水槽でも飼育でき、人懐っこい性格からペットとしても大人気のアベニーパファー。愛らしい容姿に癒されることはもちろん、あまり手間がかからず飼いやすいので、初心者にもおすすめなのだとか。生息地では群泳をして身を守りながら生活しています。しかし、集団では弱いものがいじめられることもあり、複数で飼育するときは、十分スペースをとり、多くの隠れ家を用意して逃げ場を作る必要があります。ボバリングするような泳ぎ方が可愛らしく、人にも良くなれるので、水槽に近づくとかわいい「餌くれダンス」を披露してくれるなんてこともあるそうですよ!

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事