Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 世界最小の鳥!昆虫サイズの“マメハチドリ”の卵の小ささに驚愕!!

世界最小の鳥!昆虫サイズの“マメハチドリ”の卵の小ささに驚愕!!

69viewmayu2018/07/05

世界最小の鳥!昆虫サイズの“マメハチドリ”の卵の小ささに驚愕!!

鳥の中で世界最小かつ最軽量の『マメハチドリ』は、まるで昆虫かと見紛うほどの小さすぎる体の持ち主です。全長4〜6cm、体重はたったの2g!なんと一円玉2枚分に等しい重さです。小さいながらも、羽の色はとても鮮やかな可愛らしい鳥です。鳥の中でも最小グループに属するハチドリの仲間で、虫のハチのように、空中で一箇所にとどまりながら飛翔するホバリングを得意としています。1秒間に50~80回羽ばたかせ、ハチ同様に「ブーン」と羽音を響かせて飛びます。食べているのも、花の蜜で、こちらもミツバチなどと同じ。ホバリングは激しい運動なので、栄養価の高い花の蜜を吸い、栄養を蓄えているのです。

出典 Pinterest

マメハチドリは、キューバに生息しています。キューバには、蜜が蓄えられた花がたくさんありますが、ハチドリが毎日飲み続けていると、蜜が足りなくなってしまいます。他のハチドリたちと競合しないように、マメハチドリは、自分たちよりも大きなハチドリが飲めないような、小さな花の蜜を飲むようになり、結果として体も小さく小さく進化していったと考えられています。コインや鉛筆、小指の先にもとまるほどの小さなマメハチドリ、もちろん卵のサイズも極小です。鳥類一小さな卵の大きさは、約6mm、重量約0.3g。まるでおもちゃみたいですが、こんな小さな卵からも、美しい命が産まれ、新たな生命をつないでいくのですね。

出典 Google Plus

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事