Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 【絶滅危惧種】「砂漠のミッキーマウス」ぴょこぴょこ可愛い“オオミミトビネズミ”

【絶滅危惧種】「砂漠のミッキーマウス」ぴょこぴょこ可愛い“オオミミトビネズミ”

84viewmayu2018/07/28

【絶滅危惧種】「砂漠のミッキーマウス」ぴょこぴょこ可愛い“オオミミトビネズミ”

『オオミミトビネズミ』は、顔よりも大きな耳がチャームポイントのネズミの一種です。長い後ろ足の裏には毛が生えています。体長よりも長いしっぽでバランスをとって、手を使わずにカンガルーのようにぴょんぴょん飛び跳ねるのが特徴です。体長はわずか7cmほどととても小さい体ながら、跳躍力が非常に発達しており、3mも飛ぶことができ、時速40㎞もの速さで走ります。モンゴルから中国にかけての砂漠に生息している、極めて珍しい夜行性のネズミで、絶滅危惧種にも指定されています。とても愛くるしい姿から「砂漠のミッキーマウス」の愛称で親しまれています。ミッキーを思わせる大きな耳は、夜の砂漠の中で、昆虫などの獲物が立てるわずかな音を聞きつけ、エサを見つけるために発達したとされています。

出典 Flickr

オオミミトビネズミは、長い後ろ足としっぽのほかに、体長と同じくらい長いヒゲをもちます。高く飛び上がったとき以外は、このヒゲが地面に触れていて、障害物があるか、獲物がいるかなど、地表の様子を触覚から探知しています。夜行性で、気温の高い日中は砂漠に巣穴を掘って暮らしています。昼間は巣穴に天敵など他の動物が入ってこないように、入り口を塞いで休みます。乾燥した環境に強く、ほとんど水分を摂らずに生活できます。体内の水分消費を最小限にするよう、尿は濃縮され、強い酸性を示します。とても身体能力が高くて賢い、砂漠のアイドルです。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事