Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 癒し・キュート > 試合中に犬が乱入!選手のバッドに噛みつこうとするものの 誰も犬を責めなかった理由とは?

試合中に犬が乱入!選手のバッドに噛みつこうとするものの 誰も犬を責めなかった理由とは?

96viewvario2018/09/14

試合中に犬が乱入!選手のバッドに噛みつこうとするものの 誰も犬を責めなかった理由とは?

あるマイナーリーグの試合での出来事。まさに試合の真っ最中というところで、突然犬が乱入!こともあろうか、選手のバットを咥え、持ち逃げしようとしたのです。

犬の行動に困惑するバッター。しかし観客や解説者は笑顔に包まれています。というのも、実はこの犬、迷子犬ではなくれっきとしたスタッフだったのです。

彼女の名前はルー・ルー・ゲーリッグ。選手が打席に置いていったバットを回収するのが彼女の仕事なのです。

そしてルールーが飛び出してくる前の映像をよく見てみると・・・。

この選手、確かに一度地面にバットを置いていますね。この様子を見た賢いルールーは、すかさずバットを回収しにやってきたのでしょう。選手の方も困惑していますが、実はルールーのほうがもっと困っていたのかもしれませんね。

というわけで、そんなルールーの行動に観客たちもすっかり癒されたようです♪

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事