Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 並んで歩く犬の進路をなぜか妨害する猫。その「いじわる」に隠された感動の理由とは?

並んで歩く犬の進路をなぜか妨害する猫。その「いじわる」に隠された感動の理由とは?

1833viewvario2016/03/18

並んで歩く犬の進路をなぜか妨害する猫。その「いじわる」に隠された感動の理由とは?

一見すると仲良く並んで歩くワンコとにゃんこ。ほのぼのと癒される光景ですが、時々にゃんこが不思議な行動を起こします。

まるで進路を妨害するかのように、ワンコにぶつかり歩くのを邪魔するのです。

いたずら好きの猫なのでしょうか?ただじゃれているだけ?

それにしても、1回2回のことではありません。何度も何度もぶつかっては、ワンコの行く手を阻みます。
さすがにやり過ぎのような気もしますが・・・。

ところが、この猫の行動、「いじわる」なんかではありませんでした。

並んで歩く隣のワンコ・・・実は・・・目が見えないのです。

先天性のものではなく、ある日突如としてワンコの目から光が失われました。前が見えず、歩む脚もおぼつかなくなってしまいました。

すると不思議なことに、一緒に飼っていたにゃんこが犬に寄り添うようになり、ワンコの行く手に危険があると、このように進路を正してくれるのだそうです。

なぜにゃんこがそのような行動を示すようになったのか、理由は分かりません。しかし、彼らの間にあった目に見えない信頼関係が、にゃんこを動かしているのだと思います。

私たち人間社会においても、今後ますます助け合いの精神が必要になってくることでしょう。ワンコとにゃんこの姿を見習いたいですね。

出典 youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事