Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 【植松神ってる】神曲だらけの「FF」アレンジバージョン、あなたはいくつ聴いたことがありますか?【その1】

【植松神ってる】神曲だらけの「FF」アレンジバージョン、あなたはいくつ聴いたことがありますか?【その1】

206viewred-cb2016/11/28

【植松神ってる】神曲だらけの「FF」アレンジバージョン、あなたはいくつ聴いたことがありますか?【その1】

今でこそゲーム、アニメ、ドラマなどのサウンドトラック(通称サントラ)は珍しくもなんともありませんが、かなりマニアックな存在だった時代もあったんですよ。

 

だからサントラのさらに先、いわゆる「アレンジCD」なんて、相当なオタクじゃないと知らないということもあったぐらい。

 

それは、あの国民的RPGのファイナルファンタジーも同じことでした。

 

スーファミ三部作Ⅳ、Ⅴ、Ⅵの「サントラアレンジバージョン」、あなたは聴いたことがあるでしょうか?

FINAL FANTASY Ⅳ「Celtic Moon」

出典 youtube

FFⅣが初めて発売されたのは1991年。FFシリーズ初のスーファミ化とあって、グラフィックと音楽の美しさに度肝を抜かれたものです。

 

そんなⅣのサントラは、CD1枚組(1枚だから「組」はオカシイですが)。1曲につき1周で終わってしまう収録でした。

 

そしてアレンジバージョンは「ケルト」風!

雰囲気がかなり違うにも関わらず、なぜかⅣの世界観になんとなくマッチするような…癒しの1枚です。

FINAL FANTASY Ⅴ「Dear Friends」

出典 youtube

FFⅤはサントラが2枚組。1曲につき2周がデフォの収録になったのもここからです。

 

なぜかⅣに比べて「音が劣化した」と噂のⅤですが、曲自体は珠玉。

アレンジバージョンは、なんというか明るい雰囲気爆発の、聴きやすいアレンジとなっています。

 

選曲がまたマニアックで、「ムジカ・マキーナ」がまさか入っているとは誰も思わなかったでしょう。

FINAL FANTASY Ⅵ「Grand Finale」

出典 youtube

FFⅥになると、サントラCDが3枚組に。重苦しいストーリーに沿った暗めの曲の中に、希望を感じさせる名曲がたくさん隠れています。

 

アレンジバージョンは、かなりマニアックなアレンジになっています。Ⅳ、Ⅴに比べたらかなり聴く人を選ぶかも。だがそれもまた良しという感じです。

 

いつの時代になっても、良いものは良いということを感じさせてくれる3枚です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事