Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 自分がされて嫌なことは子供だって嫌だよね、というお話。子供にきちんと感謝を伝えてますか?

自分がされて嫌なことは子供だって嫌だよね、というお話。子供にきちんと感謝を伝えてますか?

166viewhaco2017/06/07

自分がされて嫌なことは子供だって嫌だよね、というお話。子供にきちんと感謝を伝えてますか?

ママ友の一言で気がついた、「ついやっちゃいがち」なこと

あれはまだ結婚してまだ数年目の、私もまだまだ若かった頃のお話です。

 

ある日、主人に「仕事着にアイロンをかけてほしい」と頼まれた私。

しっかりアイロンをかけて、クローゼットにかけておいたんです。

すると帰宅した主人は開口一番に

「あのさ。この仕事着はここじゃなくあっちにしまってほしいんだよね」

と言ったのです。

 

うん。その仕事着はあっちね。それは分かった。

でも、その前に。その前に、何か一言無いのかと。

「こうして欲しい」と言うにしても、感謝の一言があるかないかでこっちの受け取り方は全く違うのにと。

「あ、かけてくれたんだね、ありがとう。この次からはこれはこっちにしまってくれる?」

と言ってくれるだけでいいのにと。

すっっっっっっごいモヤモヤしたんですよね。

 

後日、ママ友とお茶をしているときにこの話をしたのですが、その時返ってきた言葉は予想外のものでした。

「子供も同じ」。

 

そう。

例えば子供がお手伝いをしてくれたとします。でもまだまだ小さいので、手伝いというかほとんど邪魔をしているというか(笑)、ちゃんとできるわけもなく。

こっちが忙しい時間だったりするとつい、

「あー、それはこっちに置かなきゃだめなんだよ」

「ぐちゃっとやらないで。もっとちゃんとたたまなきゃ」

とか言っちゃいませんか?

 

モヤッとするよね。きっと、「せっかく頑張ったのにな」って悲しくなるよね…。

ママ友のその一言に、目からウロコがばっさばっさと落ちてしまいました。

 

あれからもう何年もたち、子供たちもすっかり大きくなりました。

でも、あの時からずっと心がけていることがあります。それは、

「どんなときも、まず最初に『ありがとう』を言う」

ということ。

言いたいことは山ほどあったとしても、まずは子供がやったことに対して感謝を伝えるということ。

これだけはずっと守り続けています。

 

主人も私にそうしてくれたらいいのになー!!と、たまに思うことがあるのは秘密です(笑)

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事