Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 男性の皆様へ。改めて「妊婦の苦労」を知ってみませんか?

男性の皆様へ。改めて「妊婦の苦労」を知ってみませんか?

243viewvario2017/06/09

男性の皆様へ。改めて「妊婦の苦労」を知ってみませんか?

私事ではありますが、最近周囲で子どもの誕生が続いています。そんな話を聞くと私が思い出してしまうのは、少し前に話題を呼んだ「九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン」の動画です。

それは、「日本の夫は、世界一、家事育児をしない。」という日本の現状を反省するための取り組みとして、佐賀県知事・宮崎県知事・山口県知事が自ら妊婦体験をするというものです。

出典 Youtube

妊婦体験として、知事たちには妊娠7ヶ月時と同じ重さ=7.3kgのおもりを身につけ、生活をしてもらいました。もちろん、その形も妊婦と同じように、お腹がぽっこりと膨らんだおもりを選んでいます。

出典 Youtube

出典 Youtube

おもりを身につけてみると、今までは何でもなかった日常生活に、さまざまな支障をきたすようになります。階段を降りるだけでも、これまでにない危険を感じるようになったり、買い物の往復がとんでもない重労働に代わってしまったり・・・。

この体験を通じ、知事たちは妊婦の苦労を実感したようです。もちろん、今回の体験はあくまで「重さ」を実感しただけであって、実際の妊婦さんはより多くの苦労を背負うことになります。

しかし、たとえ「部分的な」妊婦体験であっても、その体験を通じて、男性は子育てにより強い関心を持つようになることがデータで分かっています。

「イクメン」が増えているとはいえ、まだまだ男性が育児に参加しづらい世の中であることに変わりはありません。

子どもたちにとって住み心地の良い世界を作る為にも、改めて日本の男性全員が、子どもを産む苦労を実感する必要はあるかもしれませんね。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事