Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > これぞスポーツ!ケガで動けなくなった相手選手を優しく介抱

これぞスポーツ!ケガで動けなくなった相手選手を優しく介抱

17viewvario2017/06/15

これぞスポーツ!ケガで動けなくなった相手選手を優しく介抱

全仏オープンテニス男子シングルス2回戦で、感動の一幕が話題を呼びました。それはデル・ポトロ選手と、アルマグロ選手の試合の最中。デル・ポトロ選手がサーブを放ったにもかかわらず、アルマグロ選手は中腰の姿勢のまま、一歩も動こうとしません。

一体何が起こったのでしょうか・・・?

実はアルマグロ選手、ひざのケガが悪化してしまい、文字通りその場を動くことができなくなってしまったのです・・・。

自分の意志とは裏腹に、限界を悟ったアルマグロ選手はうなだれ、あまりの悔しさに涙をこらえきれなくなってしまいました。

すると、その状況を理解したデル・ポトロ選手は、試合を止め、アルマグロ選手に近づいていきます。

そして泣き崩れるアルマグロ選手に声をかけ続けました。どのような言葉を伝えているのか分かりませんが、実はデル・ポトロ選手もケガで苦しんだプレイヤーの一人。アルマグロ選手の心境が分かるからこそ、何もせずにいられなかったのかもしれませんね。

そして最後は熱く抱きしめ合う両者。人生を賭けて戦うプロ選手同士だからこそ、分かり合えるものがあるのでしょう。

素人ながらもこの二人の姿を見ていて、涙が止まらなくなっちゃいますね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事