Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 耳が聞こえなくても歌をうたえる!世界中に希望を与える女性シンガー

耳が聞こえなくても歌をうたえる!世界中に希望を与える女性シンガー

246viewvario2017/06/30

耳が聞こえなくても歌をうたえる!世界中に希望を与える女性シンガー

オーディション番組にやって来た一人の女性。ウクレレを抱え、どうやら歌手のようです。審査員の誘導に応じ、自己紹介をしていますが、どうにも不思議なジェスチャーが気になりますね・・・。

実はこれ、ジェスチャーではなく手話。なんと彼女は聾唖だったのです。もともと耳は聞こえていたようですが、病気のせいで18歳の時に聴覚を失ってしまったのだとか。

幼いころから歌が大好きだった彼女にとって、それはとてもつらい現実だったことでしょう。

しかし、彼女は諦めませんでした。現実に絶望するのではなく、よりよい未来を築くために努力を続けたのです。

出典 Youtube

彼女の足元をよく見ると、どういうわけか靴を脱いでいます。これは、地面を伝う音の振動をキャッチするために、わざと裸足でいるのだそうです。彼女はこのようにして微かに感じる”音”とこれまでの経験に対する信頼をもとに、歌を作り、そして歌い続けているのです。

出典 Youtube

そして彼女の歌が始まりました。その歌声を聴いて、審査員や観客たちは魅了されてしまいます。何しろ、彼女の歌声はとても繊細で美しく、そうと言われない限り、恐らく聾唖であるとは誰も思わないでしょう。

出典 Youtube

歌い終わった彼女に対し、審査員は次のようなコメントを告げました。

「たぶん、これから僕がすることに対して、通訳は要らないと思うよ」

その言葉に戸惑いを見せる彼女でしたが、審査員は何も言わずに立ち上がり、そしてテーブルの上のボタンを押しました。このボタンというのは、当番組において、「本選進出」が決まったときに押すものだったのです。

確かに、これなら”通訳”は要りませんよね。

出典 Youtube

同時に天井から金色に輝く紙吹雪が舞い降り、会場は大歓声に包まれました。

もしある日突然、耳が聞こえなくなってしまったら・・・私は恐らく絶望してしまうと思います。しかし、その絶望を乗り越え、こうして人生を力強く歩み、人々に希望を与える彼女に、私は心底感動しました。自分もこんな風に強くなりたいと思います。

希望を与えてくれて、本当にありがとうございました♡

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事