Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 濡れると[透明]になる不思議な花“サンカヨウ”自然が作り出した ガラス細工のような美しさにうっとり

濡れると[透明]になる不思議な花“サンカヨウ”自然が作り出した ガラス細工のような美しさにうっとり

891viewmayu2017/07/09

濡れると[透明]になる不思議な花“サンカヨウ”自然が作り出した ガラス細工のような美しさにうっとり

メギ科の多年草『サンカヨウ』は、山の中にひっそりと、いくつも集まって咲く白い花々。本州中部以北から北海道、大山、サハリンに分布し、深山のやや湿った場所に生えています。何年もかかってやっと咲く、指先に乗るほどの小さな花は、開花からたったの1週間ほどで散ってしまう儚い命です。大小2枚の葉があり、花は小さい方の葉につきます。ハスのことを荷葉(かよう)といいますが、その平地のハスと同じような葉つきをするサンカヨウは、山のハスという意味で、「山荷葉(サンカヨウ)」と名づけられました。

そのままでも十分にかわいらしいサンカヨウですが、ある現象によって大変美しく神秘的な姿を見せてくれます。必要なものは「水分」。5~7月が花の咲くピークで、梅雨の時期に咲くサンカヨウは、雨のあと一夜明けると、朝露を吸った花びらが“透明”に変化するのです。それはまるで、自然が作り出したガラス細工のよう。その後太陽にあたり、花びらが乾くと白く戻っていきます。花の後にはブルーベリーのような藍色の実が付き、その実は甘くて食用にもなります。

透明になる理由は、光の屈折や反射が弱まるためなど様々な説がありますが、詳しい仕組みは分かっていません。

肌ラボの化粧水「白潤」CMには、白い花びらが透き通っていく様子が使われていますので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事