Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > たった5ヶ月の命!世界一短命な四足動物“ラボードカメレオン”の儚い人生

たった5ヶ月の命!世界一短命な四足動物“ラボードカメレオン”の儚い人生

65viewmayu2017/11/09

たった5ヶ月の命!世界一短命な四足動物“ラボードカメレオン”の儚い人生

「カメレオン」は、現在140種ほどが知られていますが、うち70種ほどはマダガスカル島の固有種です。この“カメレオン王国”に暮らす、『ラボードカメレオン』という種は、たった5ヶ月しか生きられない、短すぎる寿命で有名になりました。

 

通常、カメレオンの寿命は5〜10年。しかし、5ヶ月で寿命が訪れるラボードカメレオンは、四足動物の中で、最も短命と考えられます。彼らは卵の中で、9ヶ月近くかけ、ゆっくりと成長します。ところが、孵化してからの5ヶ月間で、性成熟し、交尾し、そして死を迎えるのです。11月上旬に孵化したラボードカメレオンは、なんと1日に2.6 mmも成長しながら、2ヶ月後の1月上旬には繁殖行動に入ります。そして、驚くべきことに孵化してから4ヶ月後の3月には産卵を行い、乾季に入る4月にはすべての個体が死滅してしまいます。メスが卵を産む2月には、早くも老化が始まります。動きはゆっくりとし、体重も落ちます。そしてたまには、木の枝から落ちることも。それだけ、老化によって握力が落ちているということです。

出典 Flickr

短い寿命の理由は、厳しい季節を避けて生きるためです。過酷な乾季、マダガスカルの他のカメレオンたちは、冬眠ならぬ「夏眠」をすることでやり過ごし、雨季が訪れる頃再び活動しはじめ、繁殖します。ラボードカメレオンは、3月に産まれた卵が、乾季を耐え忍びます。個々の寿命を減らしても、厳しい乾季を避け、確実に交尾して子孫を残す道を選んだ結果、儚くも力強い人生を歩むことになったのです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事