Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > ムーミン論争に終止符!フィンランド外務大臣の粋な回答に恥ずかしさすら覚える…

ムーミン論争に終止符!フィンランド外務大臣の粋な回答に恥ずかしさすら覚える…

347viewvario2018/03/02

ムーミン論争に終止符!フィンランド外務大臣の粋な回答に恥ずかしさすら覚える…

今年のセンター試験で話題を呼んだ「ムーミン問題」。
それは地理Bに出題された問題であり、フィンランドに関係するアニメとして「ムーミン」を選ばせるものでした。
しかし、受験生の中にはムーミンは知っているけれどムーミンの舞台まで走らないという人も多く、悪問だと指摘する声とともに、ついにはムーミン公式Twitterまで叩かれるというとんでもない事態に発展してしまいました。

もちろん、真剣勝負をしている受験生にとってはシビアな問題。受験生以外の人がとやかく言うべきものでもありませんが、しかし、少なくとも私は、フィンランドのティモ・ソイニ外務大臣の粋な発言に、一瞬で目が覚めたのです。

それは、外務大臣が日本の記者から「ムーミン谷はどこにあるのですか?」と質問されたときのこと。

外務大臣はその質問に対し、次のように答えたのです。

ムーミン谷は「心の中に」ある…。

まさにその通り。ムーミンたちは妖精の住む世界に暮らす住人なのです。私たちはいつの間にか、真面目な顔をしてファンタジーの世界について無意味な議論をしていたのですね…。

外務大臣の回答を聞いた瞬間、思わず恥ずかしいとすら思ってしまいました。

少なくともこの粋な回答により、「ムーミン問題」は解決したと考えてよろしいでしょう。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事