Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 前例のない奇跡の親子愛!“ヒョウ”の赤ちゃんを育てる“ライオン”

前例のない奇跡の親子愛!“ヒョウ”の赤ちゃんを育てる“ライオン”

654viewmayu2018/03/27

前例のない奇跡の親子愛!“ヒョウ”の赤ちゃんを育てる“ライオン”

百獣の王『ライオン』は、サバンナを支配し、草食動物だけでなく、肉食の動物も殺す習性があります。しかし、2017年に、今までに例のない大変珍しい出来事が起こりました。タンザニアのンゴロンゴロ保護区で、5歳のメスライオンが、生後数週のヒョウの赤ちゃんに、母乳をあげていたのです。ライオンが、ほかのライオンの子どもを育てるケースはありますが、大型ネコ科の動物で、異種間での子育てが目撃されたのは初めてのことです。本来ならばヒョウを攻撃するはずのメスライオンがとった、その驚きの行動は、専門家も初めて目撃する異例の事態でした。

出典 每日頭條

ヒョウの本当の母親がどこにいるのか、ライオンとどのように出会ったのかは、まだわかっていません。専門家は、ライオンとヒョウは育児期間が似ているため、出産後だったライオンの母性本能が、子ヒョウへの攻撃本能を上回ったのではないかと考えています。さらに、彼女が自身の子を失い、発見した子ヒョウを代わりに育てるようになった可能性もあるとしています。ただし、2頭の未来はあまり明るくありません。いずれこの異種親子が他の群れに加わったとき、他のライオンたちが子ヒョウを受け入れてくれるとは限らず、子ヒョウを殺してしまうかもしれません。奇跡の親子愛の先には、さらなる奇跡が欠かせないようです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事